FC2ブログ
ヘボやんの独り言
11« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»01
2013/11/04 [Mon] 23:08:28 » E d i t
 私も最近まで知らなかったのですが、「マララ・デー」という言葉をご存じでしょうか。7月12日がその日ですが、これはパキスタンの少女、マララ・ユサフザイさんの誕生日に由来しています。彼女はパキスタンの女性たちの教育の向上のため、オバマ・アメリカ大統領に面会するなど世界に訴えてきました。

 詳細は後述しますが、彼女は昨年10月に「パキスタン・ターリバーン運動」(TTP)に関与する武装勢力に襲われ、ひん死の重傷を負ったものの生還。その後、彼女と同様の主張をする女性活動家たちが相次いで殺害されているといいます。パキスタンで何が起きているのでしょうか。以下、時事通信のウェブから。

                         ◇=◇=◇
過激派、女性活動家相次ぎ殺害=「マララさん同志」襲撃急増―パキスタン・アフガン
時事通信 11月4日(月)17時11分配信


 女性が教育を受ける権利を訴えているパキスタンの少女活動家マララ・ユスフザイさん(16)がイスラム原理主義勢力に銃撃された事件の後も、同国や隣国アフガニスタンで過激派による女性活動家の殺害が相次いでいることが4日、分かった。日々の脅迫と戦いながら人権向上に取り組む両国の女性活動家2人が来日し、時事通信の取材に語った。

 取材に応じたのはパキスタン北西部ペシャワルを拠点に、女性支援のための法整備に尽力しているルクシャンダ・ナズさん(47)と、暴力被害に遭った女性の保護施設をアフガンで初めて創設したマリー・アクラミさん(37)。両国では現在も、マララさんの「同志」とも呼べる女性活動家が襲撃され続けている。

 ナズさんによると、今年3月に、貧困問題に取り組む著名な活動家レーマンさんが殺害されるなど、パキスタンでは過激派による女性活動家の暗殺事件が急増。昨年以降12人が凶弾に倒れた。

 ナズさんは「殺人は多くの女性にとって真の脅威。女性の人権向上のために活動すると(それを快く思わない勢力によって)制限される。マララは運よく助かったが、死んでいる活動家がたくさんいる」と嘆いた。

 保守的なイスラム教国である隣国アフガンでも暗殺事件は深刻だ。アムネスティ日本(東京)によれば、最近では昨年7月、12月に女性人権活動家が殺された。

 マリー・アクラミさんは、暗殺事件以外にも「夫が妻の鼻を切り落としたり、駆け落ちした男女の首を家族が切断したりするケースなど、アフガンにおける暴力レベルは確実に悪化している」と説明する。

 自身も言われなき嫌疑を掛けられ検察当局に拘束された過去があるというアクラミさん。「私も帰国したら殺害されるのではと考えることもある」と語るが、歩みを止める気持ちはない。「施設に入所した女性は人生を楽しんでいる。彼女たちを支援し続けたい」と意気込んだ。 
                        ◇=◇=◇

 この動き、海の向こうの問題として軽視してはなりません。日本でも同様のことが起きる可能性があるからです。しかも、政府が法をタテに主導して。私の好きなアメリカの女優、アンジェリーナ・ジョリーさんはマララさんたちの活動を支援するため5万ドルの寄付をしたといいます。(次回につづく)

★脈絡のないきょうの一行
祝・楽天ゴールデンイーグルス日本一。復興への弾みになるといいね。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック