FC2ブログ
ヘボやんの独り言
10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
10965 浪江町報告⑥ 
2013/10/26 [Sat] 07:52:53 » E d i t
 何を目的につくられたのでしょうか、学校裏手にらせん階段を登る展望台があります。一番高いところは、せいぜい5人ほどが入るスペースしかありません。そこに登ってみました。もしかしたら南側に東電福島第一原発を見ることができるかもしれないからです。

【写真21】
21
 事前に地図で確認しておいたのですが原発からこの請戸小学校までは、直線距離で5㌔程度です。天気は良かったのですが、手前の山が邪魔をして原発の鉄塔だけしか見えませんでした(写真21)。少し期待外れではありましたが、学校に別れを告げてさらに前進です。

【写真22】
22
 小学校横の県道を、双葉町方面に南下します。おそらくストップがかかるだろうと話しながら進んでいくと、その通りでした。双葉町との境界あたりに防御柵が張ってあり侵入禁止となっていました。その近くには、防護服姿で武装した警備員(おそらく警察官でしょう)が監視しています(写真22)。その向こう側に福島第一原発の姿をとらえることができました。原発からここまで、4㌔程度でしょうか。

 やむなくここでUターンです。これで調査を終わりにするかどうかの相談になりましたが、野田さんの提案で吉沢牧場(M牧場ともいう)まで足を延ばしてみることにしました。ここは今年3月に浪江町の北側に位置する、南相馬市から入ったところです。車のナビをセットして前進です。

【写真23】
23
 県道34号を北上します。すると、南相馬市との境界に双葉町と同じようなストッパーがありました。ここに車を置いて牧場まで徒歩です。事務所まで1㌔ほどはあったでしょうか、牧場を右手に見ながら歩きます(写真23)。牛たちが草をはんでいる姿は牧歌的でのんびりしています。(次回につづく)

★脈絡のないきょうの一行
昨夜のJAL争議支援集会に1700人超、勝利をめざす熱気が溢れた。東京高裁よ、この思いに応えろ。
関連記事
スポンサーサイト



災害問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック