FC2ブログ
ヘボやんの独り言
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
2012/02/22 [Wed] 10:53:43 » E d i t
 最近、やたらに関東地方への地震発生問題に関する情報が目立ちます。昨日もありましたが、読売新聞のウェブを紹介しましょう。

                         ◇=◇=◇
都心部、想定外の震度7も…東京湾北部地震で
読売新聞2月21日(火)3時14分配信

 首都直下で起こる東京湾北部地震で、これまで想定していなかった震度7の揺れが都心部を襲う可能性があることが分かった。

 文部科学省が進めてきた地下構造調査で、地震を起こすプレート(地球を覆う岩板)の境界が約10キロ浅くなる部分があると判明したため。国は新年度、被害想定と対策の見直しを始める。

 東京湾北部地震は、国の中央防災会議が18通りの発生領域を想定している首都直下地震の一つ。震源は陸のプレートと、その下に沈み込むフィリピン海プレートの境界で、規模はマグニチュード(M)7・3。同会議が2004年に公表した震度分布の最大震度は6強だった。

 しかし、大学や研究機関などが参加する文科省の研究チームが07~11年度、首都圏約300地点に地震計を設置し、地震波を解析した結果、東京湾北部のプレート境界の深さが、同会議の想定(30~40キロ)より約10キロ浅くなる部分があることが確認された。
                         ◇=◇=◇

 これを要約すると、これまでに見つかった東京湾北部のプレート境界の深さが、実は10キロメートル浅いところにあった、というものです。プレートの境界が浅いところにあるということは、変動がおきたとき地上に及ぼす影響が大きくなります。それゆえに、震度7の可能性が出てきたというのです。

 このウェブを読みながら、「だからどうなんだ、どうしろというんだ」というやけ気味の気分が走りました。対応策がみつからないからです。これから建設されるであろう、建物の高層化は止められるかもしれません。しかし、首都圏に林立する200を超える高層ビルや高層マンションは手の打ちようがありません。木密地域は倒壊の危険があります。立て直しなどは財政的にも不可能で、これもまた手の打ちようがありません。

 自然現象に人間はかないません。しかし、一つだけ手立てはあります。「そのとき」の心構えをきちんと確保しておくことです。災害発生時に怖いのは、それによる被害もさることながら人心がパニックに陥ることです。それを防ぐだけでも「防災」の一助になる、私はそう考えています。

★脈絡のないきょうの一行
光市の母子殺害事件で、当時18歳だった被告に死刑判決が確定。やはり、釈然としない。
関連記事
スポンサーサイト



災害問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック