FC2ブログ
ヘボやんの独り言
12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02
10051今どきの若者③ 
2008/05/21 [Wed] 12:18:20 » E d i t
 5月4日から3日間、「9条世界会議」が開かれ、日本の憲法9条に学ぼうと法律家団体や、平和や環境にかかわるNGOなど30カ国の代表が集まりました。私は初日の全体会に参加しました。会場の千葉県幕張メッセは参加者の長蛇の列ができ、3000人が溢れたといいます。私は、早めに行ったことが功を奏し中に入ることができました。この世界会議は若い人たちと女性の活躍がめざましかったと思います。広島からスタートしたピースウォークも、当日の裏方も若者たちが先頭でがんばっていました。

 小林多喜二の小説、「蟹工船」が若者の間でブームになっているそうです。新聞の解説などによると、ワーキングプアや貧困などの世情が若者の共感を呼んでいるのではないかといいます。世相とプロレタリア文学がこれほどマッチしたことがかつてあったでしょうか。生活苦と「蟹工船」が若者の琴線に触れた、ということなのでしょう。

 それだけにとどまらず、現代の青年はきちんと声を出すしものごとを真摯に受け止め、考える力がそなわってきている、と私は考えます。前々回のこの場でも具体例を書きましたが、「名ばかり管理職」や残業代不払い問題への取り組みもその一つです。若い人たちが声をあげることの影響力というか、パワーは間違いなく変化を生み出しています。

 どこかの国の首相たちが「改革!」などと声高に叫んでいた時代がありましたが(今でも同じですネ)、あのオジサンたちこそ若者から学ぶべきではないでしょうか。そういえば、18%台までに落ち込んだ福田内閣への支持率ですが、カンネンして解散・総選挙をやってほしいものです。そのとき、若者パワーが炸裂するような予感がするからです。

 ★今回から通し番号をつけることにしました。このブログがスタートした2月を10001として、付け直してみましたら今回は51番目になりました。早いものですね。ちょっとうっとうしいかもしれませんが、整理のためですお許しください。
関連記事
スポンサーサイト



未分類 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック