FC2ブログ
ヘボやんの独り言
11« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»01
11558 少し春 
2018/02/12 [Mon] 20:38:38 » E d i t
 北陸・新潟地方にまたしても大雪警報。「不幸は友達を連れてくる」ということわざがあるが、いい加減にしてほしい。用水路に落ちて亡くなった人もいる。心からお見舞い申し上げます。くれぐれもご用心ください。

 その一方で、春は間違いなく近づいている。昨日、秩父・長瀞の「宝登山」(ほどさん・497m)に登ってきた。この山は、ロウバイを育てていることで有名。この季節に私はよくここを訪ねる。春を感じたいからだ。ロウバイとともにもう一つのお目当てがある。フクジュソウだ。

 北陸の方々には申し訳ないほど、いい天気になった。青い空と黄色の花びらは実にマッチする。その花を見ていただこう。

【ロウバイ】
ロウバイ (2)

ロウバイ (1)

【フクジュソウ】
フクジュソウ (2)

フクジュソウ (1)

 ロウバイは、その名の通り蝋のように光っている。触ってみると普通の花と同じ感触である。蝋細工のように見えるそれは、芸術といえる。フクジュソウは地面に生えているから、空はお見せできない。これまた可憐な花である。季語は「新年」を表すそうだが、楚々として咲くその姿は、春を呼ぶにふさわしい。

 山頂から、両神山(りょうかみさん)と武甲山(ぶこうさん)が手に取る位置に見えた。宝登山には何回も来ているが、このようにきれいに見えるのは珍しい。両神山は「日本百名山」の一つ。武甲山も含めて私は登っている。

 かわいそうなのは武甲山だ。石灰石が採取できることから山は削られ続けている。それは「秩父セメント」の原料となる。この山に登った時、山が削られることは自分が削られるような錯覚に陥ったものだ。

 時間が早かったせいだろう、人は少なく静かだ。こんなに静かな宝登山は初めてであった。〝春探し〟の宝登山、ほっとするひとときだった。

【宝登山頂から両神山】
山頂から両神山

【宝登山頂から武甲山】
山頂から武甲山

 ★脈絡のないきょうの一行
平昌五輪が始まった。南北朝鮮の統一に寄与することを願いたい。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://96k.blog98.fc2.com/tb.php/1475-21f02ee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック