FC2ブログ
ヘボやんの独り言
11« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»01
2018/01/22 [Mon] 10:32:16 » E d i t
 安倍晋三首相はICANの事務局長との面会を拒否し続け、ついに実現しなかった。アメリカのトランプ大統領が「(大統領としての)適正に疑問がある」と言われることと同じように、日本の総理大臣も幼児性を越えて、首相としての適正さを疑いたくなる事件だった。

 ICANのフルネーム表示は「International Campaign to Abolish Nuclear Weapons」となり、和訳は読んでの通り「核兵器廃絶国際キャンペーン」となる。核兵器を廃絶するための国際的な組織であり、ご承知のように2017年のノーベル平和賞を受賞している。

 核問題についていえば、日本は〝アメリカの核の傘〟の下にあり、それゆえにアメリカの「核抑止論」を支持する立場をとっている。核抑止論は、核兵器を認めることを前提にしている。三段論法になるが、よって日本は核兵器を認めざるを得ないのだ。

 「日本は被爆国なのにどうして反核の立場に立たないのか」という疑問がよく出される。にもかかわらず、核兵器を支持しているのが今の日本政府である。これを変えさせるには、言い古された言葉だが〝政府を変える〟しかない。つまり、自民党政権を終わらせるしかないのである。

 さて、本題。そういう日本政府の考え方について、ICANの代表に説明すべきだったのではなかったか。もちろん、批判はされるだろう。しかし、日本政府が考えていることは、国際組織としての相手にきちんと説明すべきだった。それを門前払いしてしまったその態度は、核問題以前の〝人として〟の質、つまり品格を問われることになるのではなかろうか。

 それとも、説明できない別の問題があるのだろうか。たとえば、核抑止論を越えて「核兵器を持ちたい」という野望を抱いているとか。これまた、ありそうでイヤな予感が走る。原発の核燃料廃棄物から核兵器が作られることを考えれば、原発推進にこだわる姿勢も〝理解〟できるというものだ。

 もののついでで恐縮だが、北朝鮮が核を持ったことについて、あの人は羨ましがっているのではないか。それゆえに北朝鮮を異常なほど敵視しているのではないか。さらにもう一つ。彼には核兵器が使われた時、自らも死ぬという想像力がないのだろうか。だとしたらこの人は、首相としての適性はない、と断言できる。

 ★脈絡のないきょうの一行
関東地方に大雪警報がしつっこく出されている。Jアラートはやり過ぎだが、警報は許容範囲か。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://96k.blog98.fc2.com/tb.php/1469-c3a808f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック