ヘボやんの独り言
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
2017/04/27 [Thu] 10:35:08 » E d i t
                           ◇=◇=◇
<今村復興相辞任>実際は首相の更迭「かばうことできない」
毎日新聞 4/26(水) 23:34配信


 今村雅弘復興相(70)=衆院比例代表九州ブロック=は26日、東日本大震災を巡る自身の失言の責任を取り、辞任した。今村氏は同日、安倍晋三首相に辞表を提出したが、実際には、首相による更迭だった。

 今村氏が25日、自民党二階派のパーティーで東日本大震災を「まだ東北だったからよかった」と述べたことは、首相官邸で経済財政諮問会議に出席中の菅義偉官房長官にすぐに伝わった。菅氏は会議終了後、首相と協議し、「かばうことはできない」という認識で一致した。更迭方針はこの場で決まった。

 (以下、省略)
                           ◇=◇=◇

 きのうの続編である。

 昨日も書いたが、この「更迭シナリオ」は当然だと思う。2万人を超える人々が犠牲になり、今もって復旧すら出来ていない東北に対して、冗談でも言ってはならない言葉を発した責任は軽くない。辞任は当然だし、国会議員としての資質も問われており、こちらも返上すべき事柄である。「言葉」というのはそれほど大切なものだからだ。

 その言葉を安倍首相は、復興相の比ではない弄(もてあそ)び方をしている。安倍首相の言葉と、今回の失言を単純に比較することはできないが、誤解を恐れずに言い換えると「失言はクビで虚言はOK」ということになるらしい。これはどうしても納得できない。

 きのうのブログで首相の虚言問題をいくつか例示した。これらは、「ポスト真実」などと言って見過ごすことのできない内容ばかりだ。「原発事故はコントロールされている」というウソと、「まだ東北だったからよかった」という失言を比較してみるとよく分かる。どう贔屓目に見ても、両方ともNGである。いや、首相発言は東北の人だけでなく、世界の人々を騙している点を考えると、今回の復興相失言より罪は重いと言える。

 その首相は「任命責任は私にある」と豪語したが、任命した責任を取ろうとしていない。(首相自身に何らのペナルティーを課していない)現段階で、これはいつもの虚言であったとしか思えない。もしかしたら更迭によって任命責任を果たした、と考えているのかもしれないが筋が違う。現状のままでは虚言的であり釈然としない。あなたはどう考えますか。

★脈絡のないきょうの一行
福岡の現金強奪事件、小説みたい。同じ日に大金が福岡空港から運ばれようとしていた。偶然とは実に面白い。
関連記事
スポンサーサイト
政治問題 *  TB: 0  *  CM: 1  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
安倍晋三は「虚言症」だと思われる。
本人が「ウソ」をついているという自覚が全くないように思われ、それは病であると見た方がよさそうである。難病の解離性大腸炎の効果的な治療はストレス
を溜めないことらしく、ストレス発散のためには国家の一大事よりも己の体を大事にするため「ゴルフ」と「外遊」は、たとえ北朝鮮からミサイルが飛んで来ようが決して止めないことからもうかがわれる。
2017/04/30 Sun 18:49:47
URL | 通りすがり #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://96k.blog98.fc2.com/tb.php/1449-2373d161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック