FC2ブログ
ヘボやんの独り言
11« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»01
2016/03/13 [Sun] 19:47:44 » E d i t
 あれから5年。〝定点観測〟を目的としながら10、11日に被災地を訪ねた。その報告をしたい。しばらくおつきあい下さい。

 時間の止まった列車があったとは、この記事を見るまで知らなかった。その南相馬市の原ノ町駅の「スーパーひたち50号」に会いに行った。とりあえず以下。

                           ◇=◇=◇
5年前のスーパーひたち、駅に止まったまま
写真・文 林敏行
朝日新聞デジタル 2016年3月4日12時20分


 福島県南相馬市のJR常磐線・原ノ町駅。5年前の3月11日、午後3時9分発の上野行き特急「スーパーひたち50号」が、今も止まっている。雨だれの跡や大きなさびで、4両編成の白い車体はくすんで見える。

 取り残されたのは、常磐線の一部が、東日本大震災による津波や原発事故で、再開できないためだ。原ノ町駅から南46キロの竜田駅までの一部は、帰還困難区域に指定され復旧が進まない。北側も、約20キロ先の相馬駅までは運転を再開したが、その先の一部が津波で不通になっている。

 今月中旬から、JR東日本はこの車両の撤去を始める。同社によると、同型車両の多くが運用を外れ、再び走るのは難しいという。(写真・文 林敏行)
                           ◇=◇=◇

【「ひたち」と請戸小学校】
18原ノ町駅

 「ひたち」は疲れ切った車体を横たえていた。5年間、風雨にさらされ色もくすんでいる。この車両を使うことはかなり難しく、近く撤去され廃車にするという報道もある。廃車ではなくあの大震災の〝生き残り〟として、食堂などの別の活用法がないものか、残念である。

【歩道橋からの「ひたち」】
スーパーひたち

 浪江町の請戸(うけど)小学校でも同じようなものを見た。許可を得て13年10月に訪ねたが、講堂の時計は津波が到来した時間に止まったままとなっていた(写真)。地震発生からほぼ1時間後だが、その「時」が間違いなく刻まれている。

 この請戸小学校の教室には、捜索に入った自衛隊員などが「がんばれ」のメッセージを黒板に書き込んでいた。これを永久保存するという。〝大震災を忘れない〟ためにも、「ひたち」も含めて、残してほしいと願うのは私だけだろうか。

★脈絡のないきょうの一行
安倍首相、野党共闘の前進に「民共勢力との戦い」などと反共攻撃に躍起。断末魔にしては早すぎる。

関連記事
スポンサーサイト



災害問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://96k.blog98.fc2.com/tb.php/1329-72147f75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック