FC2ブログ
ヘボやんの独り言
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
2016/03/04 [Fri] 16:34:05 » E d i t
 辺野古新基地建設問題で動きがあった。以下。

                           ◇=◇=◇
安倍首相、工事中止を指示=辺野古移設は変わらず
時事通信 3月4日(金)13時18分配信


 安倍晋三首相は4日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐる代執行訴訟の和解案受け入れを決めたことを受け、中谷元防衛相に対し、移設工事の中止を指示した。

 首相官邸で記者団に明らかにした。

 首相は「20年来の懸案である全面返還のためには、辺野古移設が唯一の選択肢との国の考えに変わりはない」と記者団に表明。その上で、今回の判断について「延々と訴訟合戦が続けば普天間の現状が固定化されかねない」と説明した。

 首相はまた、今後の対応について「司法判断が下された場合にはその判断に従い、沖縄県と協力して誠実に対応することで合意した」と語った。
                           ◇=◇=◇

 参議院選挙を意識したものであることは明らかだが、ひとまず一段落ではある。とはいえ裁判所の和解案を受け入れながらも、辺野古新基地建設に変更はないという。工事中止と、建設推進という真逆のことを言い繕うその神経は、ちょい異常を感じる。もっともそういう人なのだが……。

 この記者会見でやや不安なのは「司法判断が下された場合にはその判断に従い、沖縄県と協力して誠実に対応することで合意した」という発言だ。「司法判断」に含みを残したこのモノ言いは、「司法はオレの言う通りに判断してくれる」というふうにも置き換えられる。つまり、参議院選挙を前にして、とりあえずは和解に応じるが選挙後は知らない、と読み解くこともできる。

 辺野古新基地建設反対の闘いは、ひとつの峠を越えたがこれで決着がついた訳ではない。国が裁判所の和解案を受け入れる決断をしたのは、運動の成果の一つであることは間違いない。しかし、バックにアメリカという〝巨悪〟が控えていることを考えれば、予断は許されない。

 私たちの要求はあくまでも、辺野古新基地建設の断念・普天間基地無条件即時返還、である。

★脈絡のないきょうの一行
厚労省によると今年1月の名目賃金は0.4%増えたという。実感はない。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://96k.blog98.fc2.com/tb.php/1327-06f045c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック