FC2ブログ
ヘボやんの独り言
10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
2016/01/12 [Tue] 09:48:44 » E d i t
 公明党は改憲政党になったらしい。今さら何を言うといわれそうだが、NHKの朝ドラではないがビックリポン、だったからだ。私の理解が足りなかったことを深く反省するが、公明党は改憲政党ではないと思いこんでいた理由の一つが、昨年5月の憲法記念日を前にした同党山口代表の発言だった。

 「公明党の山口那津男代表は1日、憲法記念日を前にJR新宿駅前で街頭演説し、憲法改正に関し『期限ありきではない。国会の議論と国民的な論議を深めたい』と訴え、改憲項目の絞り込みを急ぐ自民党を牽制した。」(15/5/1産経新聞ウェブ)

 昨年5月時点で公明党は、従来のように「加憲」の立場を取っていた(はず)。この報道にあるとおり、むしろ改憲の動きをけん制していたのだ。(※注・か‐けん【加憲】=[名](スル)現行の憲法に、新しい条文や条項を加えること。<デジタル大辞泉>)それがいつの間にか安倍首相によると改憲の立場に立っていたのだ。

 10日のNHKの番組で(メディア各社も同様の報道をしているが)、安倍首相が今年の参議院選挙の議席確保目標として「3分の2以上確保」に言及しながら、改憲勢力として公明党、おおさか維新を例示している。安倍首相の中に、公明党はすでに改憲政党として位置づいているのだ。

 公明党を改憲政党とした安倍発言やメディアの報道について、当の公明党は無言である。無言だということは、従来の「加憲」の立場を捨てて「改憲」に変更したことを認めたことになる。これは党の方針の大転換であり、公明党自らが国民に説明する責任があると思う。これは同党が得意とする是々非々では説明できないからだ。

 よもや、安倍首相が間違った、ということはなかろう。結構、ウソの政治を進めてきた人だが、一緒に政権を担う相手のことを〝勘違い〟することはなかろう。

 今年1月8日の産経新聞ウェブは「公明党の井上義久幹事長は8日の記者会見で、安倍晋三首相が夏の参院選の争点と位置づける憲法改正について『わが党として参院選の重点的な訴えの一つとは、私は考えていない』と述べ、慎重な姿勢を示した。同時に『国会の場を通じて、憲法の議論を深めていくことが重要だ』と強調し、改正は時期尚早との見方も示唆した。」と報道しているが、これと今回の安倍発言はどう整合するのか。公明党に説明を聞きたいものである。

 公明党はまたしても〝平和の党〟という看板を掲げつづけ、誤魔化しで参議院選挙に臨むというのか。前出産経新聞ウェブは「憲法改正をめぐっては、公明党の山口那津男代表も6日にBSフジの番組で『いきなり(発議要件の)3分の2(以上の議席)を取って、憲法改正をするのは傲慢だ』と語り、自民党を牽制(けんせい)している。」とも報じている。

 改めて山口那津男代表に聞きたい。安倍首相の言う、公明党は「改憲政党」なのか、それとも「加憲」を掲げ続けているのか――。お答えいただきたい。

★脈絡のないきょうの一行
中国株急落。どうするニッポン、どうするアメリカ。

関連記事
スポンサーサイト



憲法問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://96k.blog98.fc2.com/tb.php/1304-2ccfe110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック