FC2ブログ
ヘボやんの独り言
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
11274 おめでとう!! 
2015/12/10 [Thu] 12:29:14 » E d i t
 微妙に心が躍る――。

 日本人が作った宇宙探査機が、金星に近づくという。ちょうどいま、「下町ロケット」というテレビドラマが展開中である。視聴率はそれなりに高いらしいが、カミさんがビデオにとっておいてくれ、それをみせてもらっているが日本の中小企業の底力みたいなものを感じさせてくれる。そのドラマと今回の探査機がオーバーラップして、想像力を掻き立てる。

 金星は地球に一番近い惑星で、誕生の時双子だったのではないかとも言われ、「地球の姉妹惑星」とも表現される。「兄弟」ではなく「姉妹」という表現がいい。女性らしい優しさを感じさせるからだ。明けの明星のように。

 金星も地球と同じように自転しているが、〝地球時間〟で243日もかけて1回転する。逆に〝金星時間〟でみれば、金星が1日で自転する間に、地球は243回転する計算だ。ということは、金星は実にゆったりした「時」を紡いでいることになる。

 面白いのは金星の大気速度だ。大気はなんと秒速100㍍で動いているという。これは金星の時点速度40倍で、なぜこのようなことが起きるのか、なぞとされているという。今回の探査機はこの問題の調査も行うというが、果たして結果はいかに。

 金星探査機は2010年にも打ち上げられたが、主エンジンの故障で軌道に乗れず失敗している。今回は計算どおり軌道に乗ったという。今後の活躍には期待をこめて、おめでとうと言いたい。以下、読売新聞ウェブから。

                           ◇=◇=◇
金星探査機「あかつき」、周回軌道投入に成功
読売新聞 12月9日(水)17時34分配信


 宇宙航空研究開発機構(JAXA=ジャクサ)の金星探査機「あかつき」が9日、金星を回る軌道に入ったことがわかった。

 関係者が明らかにした。日本の探査機が、惑星の周回軌道に入るのは初めてとなる。あかつきは金星の大気現象の解明をめざし、2016年春から本格的な観測に入る予定だ。

 あかつきは2010年5月に種子島宇宙センターから打ち上げられた。同年12月に軌道投入に挑戦したが、主エンジンが故障して失敗。JAXAは今月7日、4台の小型エンジンを使って、5年ぶりとなる軌道投入に再挑戦していた。

最終更新:12月9日(水)20時42分
                            ◇=◇=◇

★脈絡のないきょうの一行
水木しげるさんに続いて、作家の野坂昭如さんが逝った。順不同の当然の出来事とはいえ、淋しいね。

関連記事
スポンサーサイト



未分類 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://96k.blog98.fc2.com/tb.php/1289-c6f77a95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック