FC2ブログ
ヘボやんの独り言
11« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»01
2015/03/09 [Mon] 11:15:32 » E d i t
 ちょっといいニュースである。いのちの尊厳を考えると、お金では推し測れない問題もあるが、家族には亡くなったこどもが〝残してくれた〟大事な宝物になったのではなかろうか。心あたたまる措置である。

                           ◇=◇=◇
おぼれた女児を助けようと…死亡の6歳男児遺族に給付金
朝日新聞デジタル 3月7日(土)13時51分配信


 昨年4月、福島県郡山市の川で流された女児を助けようとした男児が亡くなった事故で、県警は6日までに、男児が警察官の職務に協力したとして、男児の遺族に遺族給付金を支払う方針を決めた。2月補正予算案に計上しており、開会中の県議会で可決後、支給される。

 事故は昨年4月16日夕、同市小原田の阿武隈川で起きた。近くの女児(当時3)が川に落ち、一緒に遊んでいた近くの小学1年の辰田真翔(まなと)君(同6)が小学3年の姉と助けようと川へ入り、3人とも流された。辰田君が亡くなり、意識不明の重体となった女児もその後、死亡した。辰田君の姉は救助されて助かった。

 給付は「警察官の職務に協力援助した者の災害給付に関する法律(協力援助法)」に基づく。犯人逮捕や人命救助で警察官の職務に協力し、けがを負ったり、死亡したりするなどした場合に支払われる。

 辰田君の遺族には、遺族給付一時金など計約938万円が支払われる見通しだ。県警厚生課は「男児が自らの危険を顧みず人命の救助に当たった」と支給を決めた理由を説明した。(小島泰生)
                           ◇=◇=◇

 4月の事件だから、小学校に入学したばかりのピカピカだったのだ。「幼い」という形容が残るその子が、流された子を助けようと川に入ったのだろう。怖い、とか、寒いという感覚はきっとなかったのだろう。ただ、ただ無我夢中で女の子を助けようとしたのだろう。その勇気は称賛に値する。

 わが身を顧みないその勇気に対する「ご褒美」として贈られたのである。これは金銭の多寡でなく、いのち尊厳への表彰である。税金がこういう形で活かされるのであれは、大いに賛成したい。辰田真翔くんのご冥福を心から祈りたい。

★脈絡のないきょうの一行
きのう、反原発行動に延べ23000人。国会周辺は人であふれた。それでも報道しないメディアって何?

関連記事
スポンサーサイト



未分類 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://96k.blog98.fc2.com/tb.php/1186-6a366549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック