ヘボやんの独り言
01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.»03
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2018/02/20 [Tue] 14:42:00 » E d i t
 韓国(大韓民国)と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が統一することは、両国にとって悲願であることはご承知のとおり。未だに家族が南北に別れて暮らしている人もあるという。それを解消することは感情としても頷ける。そのために韓国側も努力を重ねてきている。

 核問題や拉致問題は軽視してはならないが、そのことと南北朝鮮の統一は別次元である。それを混同しているところに、日本政府の対応の誤りがある。言い方を変えよう。統一問題は内政問題であり、核や拉致問題は国際政治の問題なのだ。後者について日本がモノを言うのはあっていいことだが、内政について口出しすることは干渉に当たる。

 その国際的な問題について、安倍首相は「対話のための対話は意味がない」として北朝鮮との話し合いを拒否し続けている。実はこれ、拉致問題を解決する気がない、と同意語と言えないだろうか。最近、拉致問題について〝1センチも前進がない〟のは、話し合いを拒否しているからに外ならない。

 一方、アメリカはひたすら北朝鮮を批判している。これには背景がある。先日の小ブログにも書いたが、アメリカは常にどこかの国を「ならず者」にしておく必要があるのだ。それはイランであったり、アフガンであったり、9.11のときのアルカイダだったりする。そして今は北朝鮮なのだ。

 「ならず者」を名指しすることによって、それと対峙する目的を理由に、国内で武器を作ることができるし、それを〝消費〟する恐れもある。その体質を世界の国々は見破っている。だから北朝鮮への「経済的制裁」を提起しても、実効が上がらないのである。

 ところで、北朝鮮の他国との国交はどうなっているだろうか。「2016年12月現在、国連に加盟している192の国のうち、26か国が北朝鮮と国交を結んでおらず、166ヵ国が国交を結んでいる。=北朝鮮まとめ情報=http://www.dprk-nk.com/archives/81」――ということになる。日本とアメリカ、韓国はこの中の26ヵ国に入る。

 笑えるではないか。アメリカの言う「ならず者」国家と国交を結んでいるのは多数派なのである。アメリカの意図するところについて当の北朝鮮は先刻ご承知で、発言は過激だが、少なくともアメリカと戦争しても勝ち目がないことは知っているはずだ。

 核問題を例にあげればこれを解決するには、対話しかないのだ。ところが日米両政府はそれを拒否している。対話の拒否は、北朝鮮の行為を暗に容認したことに通じるのではないだろうか。もう一つ考えなければならないのは、最悪の事態(戦争)に突入したら、犠牲者は北朝鮮、韓国、日本に集中するであろうことは火を見るより明らかであることだ。

 平昌五輪で垣間見えた、北朝鮮攻撃の本質を見据える必要がありそうだ。だからと言って、敢えてお断りしておくが、私は北朝鮮の核開発や拉致問題を容認している訳ではない。遅からず横暴の限りを尽くす金正恩体制は、北朝鮮国民の手によって瓦解するであろうことも想像している。

 ★脈絡のないきょうの一行
裁量労働データの誤りは法律作りの根拠をなくした。「働き方改革」は、撤回しかない。

スポンサーサイト
政治問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2018/02/19 [Mon] 10:41:48 » E d i t
 昨日のネットに以下の記事が流れた。

                           ◇=◇=◇
北朝鮮と韓国、秘密接触を重ねる 昨年、五輪参加協議か

 韓国と北朝鮮の両当局者が昨年秋から年末にかけ、少なくとも2回、平壌で接触した。ソウルの情報関係筋が明らかにした。韓国は基本的に北朝鮮との交流を禁じており、当局者の訪朝は異例。接触を通じ、北朝鮮は平昌(ピョンチャン)冬季五輪参加と南北対話路線を決めるに至った。米国は南北対話の行方を不安を持って注視しているという。

 米国内には韓国の動きに対する不満の声も出ており、ペンス米副大統領が訪韓した際に北朝鮮との接触を拒む事態につながった。

 南北の接触は、五輪を契機に関係を改善したい韓国側が求めた。昨年11月以降、中国経由で訪朝し、北朝鮮の五輪参加問題を巡って協議した。北朝鮮は参加の条件として米韓合同軍事演習の中止を求めたという。

朝日新聞社 2/18(日) 8:11配信
                           ◇=◇=◇

 最後の「北朝鮮は参加の条件として米韓合同軍事演習の中止を求めたという。」という部分に引っかかる。先日13日に小ブログに書いた「またまた、アメリカの代弁?」に連動しているからだ。ブログの内容は10日に安倍首相が平昌に行った際、文大統領に「五輪後に米韓合同軍事演習を行ってはどうか」と提案したことと、13日に菅官房長官が韓国大統領の訪朝をけん制したのは、アメリカの代弁ではないか、というものだ。

 今回の報道が事実で、日米ともにこの会議開催を知っていたとすれば見事に符合する。北朝鮮と韓国の接触は昨年の秋から年末だという。そのころ、安倍首相は「平昌五輪には行かない」と言っていた。私はこれについても、小ブログで「大人げない」と批判した。

 ところが今年に入って突然、自民党内の「五輪に行くべきでない」という反対の声を振り切って彼は平昌に行き、韓国大統領に前述の問題を提起し、「内政問題」として事実上、一蹴されている。一方、アメリカはこの五輪中にも相変わらず北朝鮮〝口撃〟を続けている。この問題もう少し考えてみたい。(次回につづく)

 ★脈絡のないきょうの一行
平昌五輪、フィギュアスケート男子につづいて、スピードスケート女子500mで日本が金。二人を支え続けた人たちに金メダルを贈りたいね。

政治問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2018/02/18 [Sun] 08:52:37 » E d i t
 自民党の憲法改正推進本部(細田博之本部長)は、参議院の「合区」解消に向けた改憲案を大筋で了承したという。内容は3年ごとの参院選で各都道府県から1人以上を選出する規定を盛り込むというもの。これは党所属国会議員が出席する全体会合を開き、条文案の合意をめざすとしている。かなり前のめりだ。

 この案は憲法によって合区解消を図ろうというものだ。私は一瞬、そうすれば定数を増やさざるを得なくなり、「一票の重み」が平等になると思えたが、これはとんでもない〝お人よし〟の考えであることが分かった。

 逆なのだ。つまり、合区がいやなだけで一票の重みを無視して「1県1議員」を選出しようというのだ。これはやりたい放題の上塗りである。安倍改憲の〝動態余勢〟を買って党利党略、自党の〝事情〟を押し通そうというものだ。

 これはもうファショだ。

 この問題を具体的に見てみよう。人口の一番少ない鳥取県の人口は56万5,233人、一番多い東京都は1,374万2,906人(ともに2017年10月1日現在)となっている。これを単純に計算すると、鳥取が1人の場合、東京は24.3人となる。

 ところが現状は、ご承知のように東京の定数は6。計算は分かりやすい。東京の1票の重さは鳥取の4分の1になるのである。これを憲法で定めようというのが自民党の考えである。これはいくら何でもひどすぎる。ファショと言いたくなる所以である。

 報道によれば、公明党は反対の意思を表明しているらしい。反対は当然のことだが、この党は信用ならない。安保法制や共謀罪法などで裏切られ続けているし、公明党は与党に入って以来、自民党の〝金魚の糞〟みたいに動いてきているのはご承知のとおりだからだ。

 愚痴はこのくらいにして、今回の自民案はどういう角度から見ても憲法に明記することは馴染まない。選挙の区割りなどは、人口の動態に即した個別法であり憲法に盛り込むものではないと思うからだ。

 これが通るような事態になったら、次は衆議院だ。おそらく小選挙区制制度を憲法に書き込むと言い出すだろう。しかも、比例区部分をなくしたうえで。そうなれば、この国は暗黒化するのは目に見えている。自民党のこの謀略、9条改憲同様に許してはならない。

 ★脈絡のないきょうの一行
「築地の市場は設けない」と小池都知事。再開発するという方針も反故。都民ファーストが泣いている。
政治問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2018/02/17 [Sat] 17:03:29 » E d i t
 平昌五輪で、北朝鮮の応援団や政府代表に対して「ほほ笑み外交」という言葉が使われている。そりゃなんじゃと調べてみたら、あった。以下。

 「外交において首脳が強面ではなく微笑みを携えて外交に取り組むこと。すなわち、友好的・協調的な柔和な物腰で他国と接する(ように振る舞う)外交姿勢あるいは外交戦略のこと。微笑み外交は、必ずしも衷心から協調を求める姿勢を意味するとは限らない。強硬姿勢から協調姿勢への転換という意味でも用いられ得るが、むしろ、表面上は友好的で協力的であるかのうように装いつつ、搦め手から付け入る隙を窺うような姿勢を示唆する語として用いられやすい。」(新語時事用語辞典)

 なるほど。この説明だと、安倍総理大臣の外交そのものである。財界代表を引き連れて開発途上国訪問のときのあの笑顔は忘れられない。国会で見せたことのないそれは、背筋に冷たいものが走った。しかも笑顔を振りまくだけでなく、カネもばらまく。その姿は〝カネつきほほ笑み外交〟と言ってもいい。

 安倍ほほ笑み外交は、下心が見え見えである。国連で常任理事国を果たしたいこと、そして日本製品を売り込むことである。売り込むモノの中に原発も入っている。あの笑顔の下にどくろマークが入っていると思えば、度し難い不快感が走る。

 一方の金正恩ほほ笑み外交はどうか。前出の新語時事用語辞典は「首脳」(日本の場合は安倍首相)が主語になっているが、平昌五輪は「応援団」と「金正恩の妹」を指しており少し外れる。が、金正恩が指示しているとすれば、同じだとみていいだろう。

 で、この二つを比較してみよう。安倍晋三VS金正恩。私は金正恩に軍配をあげる。五輪ではほほ笑みで応援したし、南北朝鮮の首脳会談をほほ笑みのなかで提起した。これは見事である。美男子の面を持った応援はいただけなかったが、それを除けばそれこそ微笑ましかったではないか。

 ところが日本のメディアは、そのほほ笑みの下に隠されたものがあるかのような報道に終始している。露骨に「北朝鮮に騙されるな」という論調もある。それはそれとして言論の自由であるから一向にかまわない。それと同じ目線で、安倍ほほ笑み外交を批判してほしいものだが、こちらはダンマリ。どうも公平ではない。

 穿(うが)ちすぎと批判されるかもしれないが、日本のメディアは南北朝鮮の統一を嫌っている向きがある。統一されると一番困るのはアメリカ。なぜなら標的とする「ならず者」がいなくなるからだ。ならず者がいなくなると、武器を作る理由がなくなる。武器を作らないと武器を作っている企業が困る。この因数分解、お判りでしょう。もしかしたら、日本のメディアはアメリカに阿(おもね)ている? いやいや、そんなことはないと思いたい。

 ★脈絡のないきょうの一言
平昌五輪で男子フィギュアスケート、日本が金と銀。快挙であり喜び合いたい。

政治問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2018/02/13 [Tue] 14:03:12 » E d i t
 13日、時事通信が「韓国大統領の訪朝けん制=菅官房長官」という記事を流した。韓国・文在寅大統領の訪朝について「ほほ笑み外交に目を奪われてはならない」として、北朝鮮の策略であるかのような発言をしている。これは明らかな介入である。

 その前段(という言い方は変かもしれないが)、10日に安倍首相が、米韓合同軍事演習について五輪後の再開要請をしたことに対して、文大統領は「内政問題だ」として不快感を示したことが報道されている。10日と13日のこの問題、考えてみたい。

 まず、10日の発言。合同演習はアメリカと韓国の問題であって、他の国が口出しできる事案ではない。にもかかわらず安倍首相が〝要請〟したことは、イレギュラーそのものであるし、韓国大統領が目の前にいたがアメリカに対する要望でもあった。トランプ大統領がこの件について何も発言しないのはやや不気味。〝自分の代わりに安倍が言ってくれた〟くらいに思っているのだろうか。

 もしそうだとしたら、これまた問題である。第三国から(米韓)二国間の合同軍事演習について「五輪後にやってはどうか」という提起は、当事者国の内政に干渉することになるからだ。そういう重要問題について、あの、トランプさんが何も言わないのはやはり変。

 その後、北朝鮮・金正恩氏の妹が文大統領の訪朝を提案した。これについて韓国側は積極的に受け止めていた。これに対して菅官房長官は否定したわけだ。これまた、内政干渉ではないのか。

 逆を考えてみよう。アメリカが北朝鮮から首脳会談を呼びかけられたと仮定する。そしてアメリカがそれを積極的に受け止めた場合、日本はどういう態度をとるか、である。今回の韓国への対応と同じになるだろうか。ノー、である。おそらく、〝大歓迎〟したであろうことは容易に想像できる。

 としてみると、浮き上がってくる問題が見える。つまり、日本はアメリカの代弁をしているのではないかという疑義である。アメリカは①五輪後すぐにでも米韓合同演習をやりたい②米を素通りした「韓・朝首脳会談」は反対である。しかしそのことを言い出すことは内政干渉にあたる。そこで、日本にそのことを言わせた――という筋書きである。

 考え過ぎかもしれないが、沖縄問題を引き合いに出すまでもなく、アメリカいいなりの日本政府の体質がオリンピックでも露呈した、ということになる。同時に、今回の五輪外交でいえば北朝鮮のほうがよほど優れている、と見るのは私だけだろうか。

 ★脈絡のないきょうの一行
公明党・山口那津男代表、「森友学園」問題で佐川宣寿国税庁長官の国会招致を否定。真実にフタする行為だ。さもあらん。
政治問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
11558 少し春 
2018/02/12 [Mon] 20:38:38 » E d i t
 北陸・新潟地方にまたしても大雪警報。「不幸は友達を連れてくる」ということわざがあるが、いい加減にしてほしい。用水路に落ちて亡くなった人もいる。心からお見舞い申し上げます。くれぐれもご用心ください。

 その一方で、春は間違いなく近づいている。昨日、秩父・長瀞の「宝登山」(ほどさん・497m)に登ってきた。この山は、ロウバイを育てていることで有名。この季節に私はよくここを訪ねる。春を感じたいからだ。ロウバイとともにもう一つのお目当てがある。フクジュソウだ。

 北陸の方々には申し訳ないほど、いい天気になった。青い空と黄色の花びらは実にマッチする。その花を見ていただこう。

【ロウバイ】
ロウバイ (2)

ロウバイ (1)

【フクジュソウ】
フクジュソウ (2)

フクジュソウ (1)

 ロウバイは、その名の通り蝋のように光っている。触ってみると普通の花と同じ感触である。蝋細工のように見えるそれは、芸術といえる。フクジュソウは地面に生えているから、空はお見せできない。これまた可憐な花である。季語は「新年」を表すそうだが、楚々として咲くその姿は、春を呼ぶにふさわしい。

 山頂から、両神山(りょうかみさん)と武甲山(ぶこうさん)が手に取る位置に見えた。宝登山には何回も来ているが、このようにきれいに見えるのは珍しい。両神山は「日本百名山」の一つ。武甲山も含めて私は登っている。

 かわいそうなのは武甲山だ。石灰石が採取できることから山は削られ続けている。それは「秩父セメント」の原料となる。この山に登った時、山が削られることは自分が削られるような錯覚に陥ったものだ。

 時間が早かったせいだろう、人は少なく静かだ。こんなに静かな宝登山は初めてであった。〝春探し〟の宝登山、ほっとするひとときだった。

【宝登山頂から両神山】
山頂から両神山

【宝登山頂から武甲山】
山頂から武甲山

 ★脈絡のないきょうの一行
平昌五輪が始まった。南北朝鮮の統一に寄与することを願いたい。
2018/02/06 [Tue] 10:32:17 » E d i t
 1月23日に前触れもなく突然噴火した本白根山(2,165M)。この山には1997年8月5日と2003年7月27日の2回登っている。両方とも夏場であったが、これには理由があった。コマクサを観るためだ。この山はコマクサの育成に力を入れており、あちこちに群落を見ることができる。特に今回、噴火のあった地点近くはすばらしい。

 97年のときは今回の噴火で話題になったロープウェイの頂上駅まで車で入れたが、03年時は国道沿いの大駐車場までしか入れなかった。したがって、初回は1時間半で山頂往復を果たしている。とはいっても、2回目の03年も2時間5分しか歩いておらず、「百名山」登山としては楽なほうである。

 03年の記録を引用してみる。

                               ◇=◇=◇
 カラ釜と呼ばれるガレ場の斜面に、コマクサが群生している。5年ぶりに訪ねたわけだが、前回はこんなに多くはなかった。意図的に育てていることがよく分かる。こういう努力があってこそ、コマクサが生きていけるのだ。何やらその光景に嬉しくなる。

 本白根山の最高点まで歩く途中にも、コマクサとヒメシャジンの競演を見ることができる。赤のコマクサと、青がかった紫色のヒメシャジンが奇妙にミックスしている。それらの写真を撮りながら、のんびりと歩く。最高点には先客が休んでおりその傍らで一休み。

 早い時間に登り始めたことが功を奏したようで、下山中、かなり多くの団体とすれ違うことになり、混雑を避けることができたことに安堵感を味わう。登山客のほとんどはコマクサが目当てであることはいうまでもない。駐車場にもどり、万座温泉で汗を流して帰路についた。
                               ◇=◇=◇

【コマクサ】
009コマクサ1

【ヒメシャジン】
106ヒメシャジンアップ

 これを書こうと思ったのは、「多くの団体とすれ違った」という部分を強調したかったからだ。あの噴火が真夏であったら、御嶽山の噴火(2014年9月27日/死者・行方不明者63人)の比ではない大惨事になった可能性があった。

 本白根山は御嶽山と違って登りやすく、高山植物の女王・コマクサを見ることができるため人気の山なのだ。前述の団体のなかには夏休みということもあったのだろう、子どもたちがたくさん混じっていた。

 97年に登った時は、カラ釜を一周したため「鏡池」の縁を歩いているが、ここは今回噴火した真横にあたる。もしあのとき噴火していたら、と思うと背筋が凍り付く。山とはそういうものであり、今回の噴火は真冬であり、登山客がいなかったことが(亡くなった方には申し訳ないが)犠牲者を少なくしたと言える。いずれにしろ、登山にはそういうリスクが付き物であることを肝に銘じておく必要がある。

 ★脈絡のないきょうの一行
名護市長選挙で辺野古基地建設反対派の現職・稲嶺進市長が敗北。政府の執拗な攻撃で、市民も疲弊か?

2018/02/01 [Thu] 11:06:31 » E d i t
 昨日は皆既月食だった。天気情報は、下り坂で諦めかけていた。が、帰途、東京ドームと地下鉄後楽園駅を結ぶ陸橋に差し掛かったら、空を見上げているひとたちがいた。なんだろうと、私もその仲間に加わってみると、ジェットコースターの上に輝く月を見かけた。

 慌ててカメラのシャッターを切った。以下、その写真だが写りはイマイチでも雰囲気を味わうことができる。ぜひ写真をクリックしてみてください。

【21:33 ジェットコースターの上の月。すでにショウは始まっていたが、遠いせいだろう丸く見える】
21時33分


【21:34 上弦の月風に変身】
21時34分

【21:43 かなり小さくなった】
21時43分

【21:48 息をのむ瞬間】
21時48分

【21:50 見えなくなる寸前】
21時50分

 広い、広い宇宙で、こういう変化を見ることができるのは有り難い。これも、平和だからこそ出来ることだ。

 ★脈絡のないきょうの一行
ウィスキーの「山崎50年」が3,250万円で落札。ウーン……だね。

未分類 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。