ヘボやんの独り言
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2015/08/26 [Wed] 15:08:32 » E d i t
 戦争法反対でも頑張っているが、高校生が労働組合をつくるという。「拍手」である。以下、毎日新聞ウェブから。

                           ◇=◇=◇
<高校生ユニオン>ブラックバイトは許さない…8月中に発足
毎日新聞 8月25日(火)10時32分配信


 ◇東京都内や千葉県内の高校生3人が立ち上がる

 アルバイトの若者たちに違法な労働を強いる「ブラックバイト」が横行する中、アルバイトの高校生たちが立ち上がる。賃金の一部不払いなどの労働問題を解決する高校生だけの労働組合「首都圏高校生ユニオン」が、月内にも発足する。大学生の労組はあるが“高校生労組”は初めてとみられる。メンバーらは「バイトで悩む高校生の力になりたい」と意欲満々だ。

 ユニオンを発足させるのは東京都内や千葉県内の高校生3人。

 一人は千葉県の高校2年男子生徒(17)で、現在飲食店でアルバイトしている。労働基準法は労働時間の厳格な管理を定め、1分単位で管理すべきだと解釈されている。だが、店は15分以下の労働時間をカウントせず、仕事のメモをまとめる時間を就労時間と認めないなど賃金の不払いがあった。18歳未満の就労が禁じられている午後10時以降に仕事がずれ込んだり、テスト期間中の勤務を断ったのに聞き入れられなかったりしたこともあったという。

 もう一人は東京都内在住の定時制高校2年女子生徒(17)で、入学と同時に家計を助けるためにコンビニエンスストアでアルバイトを開始。最低賃金で週3、4回、毎回6時間半働いたが、1年働いても有給休暇が利用できることを通知されず、賃金も15分未満分は切り捨て。テスト期間の就労強要もあった。

 2人はそれぞれ、非正規労働者などを支援する個人加盟労組「首都圏青年ユニオン」(神部紅=じんぶ・あかい=委員長)に相談。ユニオンに加入し、団体交渉で待遇改善を勝ち取った。

 その後、周囲にも長時間労働などで悩む友人がいることから、同ユニオンの助言を受けながら高校生ユニオンの準備を進めた。

 女子生徒は「自分一人では働くルールも知らずに違法に使われていた。働くことで学ぶこともある。ユニオンをつくって頑張る仲間を助けたい」と話す。今後、労働法や具体的なトラブル事例の学習会、相談などの活動をする予定だ。

 青年ユニオンの神部委員長によると、大学生や高校生など学生アルバイトからの労働相談は増加傾向にある。一人親家庭など経済的な事情で働かざるを得ず、賃金一部不払いなど違法な状況に声を出せない事例もあるという。神部委員長は「高校生などの若者が一番弱い立場に置かれて働いている。違法な労働条件が放置されればひどい働き方がまんえんする。高校生たちと共に歯止めをかけたい」と話している。【東海林智】
                           ◇=◇=◇

 実は私も高校生のとき、労働組合をつくった。新聞販売店で配達をしながら、定時制高校に通っていが労働条件があまりにも悪く、その改善を求めて仲間たちと組合を作ったのである。

 ところが組合を嫌った経営者は、〝首謀者〟6人の首を切ってきた。そのなかの一人に私は入っていた。「高校生争議団」のスタートだった。半世紀も昔のことだが、自らの経験から学生や高校生が労働組合を結成することに喜びを感じる。がんばってほしい。

★脈絡のないきょうの一行
揺れる維新の党。もともと烏合の衆の政党なんだから仕方ない、と言えばそれまで。

スポンサーサイト
2015/08/25 [Tue] 11:39:07 » E d i t
 23日、毎日新聞がウェブで北アルプス鹿島槍ヶ岳の「カクネ里雪渓」が氷河である可能性が高まったことを報じている。そのさわりを紹介しよう。

 「長野・富山県境の北アルプス鹿島槍ケ岳(2899メートル)の北東面にある『カクネ里雪渓』(長野県大町市)は氷河の可能性があるとして、市立大町山岳博物館や信州大などの学術調査団が26日にも現地入りする。調査団は『雪渓内部に氷体(氷の塊)があり、可能性は高い』とみて、氷河の条件となる氷体の流動などを調べる。現存の氷河と確認されれば、国内では北アの剱岳・立山連峰(富山県)の3氷河に続いて4カ所目、県内では初となり、関係者の期待が高まっている。【武田博仁】」。

 記事中にあるすでに氷河として認定されているのは、剱岳の三ノ窓雪渓と小窓雪渓、立山の御前沢雪渓に存在する「三ノ窓氷河」「小窓氷河」「御前沢氷河」である。これは2012年4月に日本雪氷学会が発表したもので、意外に新しい。

 なぜか。それらは氷河ではないかという説はあったものの、確証が得られなかったためだ。ところがGPSの精密化によってそれが立証されたというわけだ。それでは氷河の定義は何かというと、「①陸上に堆積した越年性の巨大な氷体で、重力によって流動するもの。南極やグリーンランドをおおう大陸氷河(氷床)と、アルプスやヒマラヤなどの雪線より高いところにある万年雪が圧縮されて固い氷となり低地へ徐々に流れ出す山岳氷河とがある。グレーシャー。②凍った川。」(大辞林)――ということになる。

 つまり、氷が主人公である。それに比べて雪渓は「①雪でうずまった谷。②冬に降り積もった雪が、夏でも解けないで残っている,高山の雪塊。」(同上)ということになる。氷河との違いは、主人公が氷か雪かであると考えればいいだろう。

 氷河は、ヒマラヤや北アメリカのマッキンリーなどの山々の〝特権的自然〟だと思っていたが、実は日本にも存在しているのである。正直なところ、私は今回の報道を目にするまでその存在を知らなかった。恥ずかしい限りだが、実にロマンではないか。

 今回調査される鹿島槍ヶ岳は2002年9月に登ったことがある。山頂(南峰)から「八峰キレット」と呼ばれる難所が出現する。私は厳しいこの登山道を自らの登山記録に、「磊磊落落」(らいらいらくらく)と書いてしまった。とにかく土が見えない。気の抜けない岩場の連続だ。泊まるキレット小屋に到着したときはほっとしたものである。

 この小屋で忘れられないのは、翌朝、五竜岳に登るために暗いうちから出発する関係で朝食として弁当を作ってもらったが、なんとこれがウナギ弁当だったことだ。実に旨かった。ここで言いたいのは、この弁当ではなく氷河ではないかと考えられる「カクネ里雪渓」は、この小屋の真東に存在していることだ。それだけ山深いところにあることになる。この雪渓が氷河として認定されれば、地元もそうであるが日本の自然に厚みが加わり、楽しみが一つ増える。

★脈絡のないきょうの一行
想定どおりだが、株価の下落が止まらない。政府の下支えも限界で経済動向に目が離せない。

山の閑話 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2015/08/17 [Mon] 14:45:35 » E d i t
 終戦の日の「天皇の言葉」と、戦後70年の「首相談話」について、海外からさまざまな声が上がっているようだ。日本のメディアはどうした、と言いたいところだが、〝首相と食事をともにする間柄〟であるかぎり、それを望むことは酷というものか、と諦めるしかないのか。

 いくつかを紹介しよう。

 まず8月17日毎日新聞ウェブから。「天皇陛下が70回目の終戦記念日である15日、政府主催の全国戦没者追悼式で『さきの大戦に対する深い反省』に初めて言及されたことについて、米主要メディアは安倍晋三首相の戦後70年談話とは『対照的』などと報じた。米通信社ブルームバーグは『天皇、戦争に反省表明、安倍首相と対照的』との見出しで記事を配信。」

 「また、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は『安倍首相の政策に対する静かな反対』との見方が強まると紹介した。全米公共ラジオ(電子版)も第二次大戦に関する『前例がない謝罪』であり、安倍首相の談話より踏み込んだもの、と評価した。米メディアは安倍談話について自らの言葉で謝罪がなかったとして『日本の指導者、第二次大戦で謝罪に至らず』(ワシントン・ポスト紙)などと批判的に伝えていた。」(同上)

 「全国戦没者追悼式の天皇陛下の『お言葉』に先の大戦への『深い反省』が盛り込まれたことに対し、韓国与党セヌリ党スポークスマンは16日、『天皇が反省に直接言及したのは初めてだ』と評価した。また『安倍(晋三)首相が戦後70年談話で、植民地支配や侵略に関して直接謝罪しなかったのとは対照的だ』と指摘した。」(時事通信 8月16日(日)16時4分配信)

 「この日の『お言葉』を契機に、安倍首相と正反対の天皇の過去の歴史認識が注目されている。安倍首相は祖父の岸信介元首相(1896-1987)を引き継ぐ政治をしている。A級戦犯として3年間服役した岸元首相は在任時、日本の過去より未来を強調した。」(中央日報日本語版 8月17日(月)10時48分配信)

 「天皇はこの日の『お言葉』で、『深い反省』のほかにも、以前には用いなかった表現を二つ用いた。戦後日本の平和と繁栄について天皇は『平和の存続を切望する国民の意識に支えられた』と強調し、『この長い期間における国民の尊い歩みに思いを致すとき、感慨は誠に尽きることがない』と述べた。歴史認識や安全保障関連法案をめぐる論議の中で、天皇が過去の戦争に対する反省や、平和憲法の維持が重要だという意向を明確に示したものと考えられる。」(朝鮮日報日本語版 8月17日(月)8時4分配信)

 もののついで、という言葉があるが短いので「天皇のことば」全文を紹介しよう。

                           ◇=◇=◇
終戦の日:天皇陛下おことば全文…全国戦没者追悼式
毎日新聞 2015年08月15日 12時08分(最終更新 08月15日 13時07分)

 「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

 終戦以来既に70年、戦争による荒廃からの復興、発展に向け払われた国民のたゆみない努力と、平和の存続を切望する国民の意識に支えられ、我が国は今日の平和と繁栄を築いてきました。戦後という、この長い期間における国民の尊い歩みに思いを致すとき、感慨は誠に尽きることがありません。

 ここに過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心からなる追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。
                            ◇=◇=◇

★脈絡のないきょうの一行
桜島で大規模噴火戒警報つづく。付近住民のみなさん、くれぐれもご注意を。

2015/08/15 [Sat] 14:34:54 » E d i t
 きょうは、戦後70年の節目の日。改めて、犠牲となった幾百万の人々に追悼の念を表したい。同時に、同じ道を歩き出そうとする戦争法案を止めるために、〝戦争を知らない〟世代の一人として全力をあげたいと思う。

 きのう、戦後70年の首相談話が発表された。期待はまったくしていなかったが、そのとおりだった。世論に押され、さすがにあの戦争の〝正当化〟はしなかったものの、村山談話を引き継ぐと言わざるをえなかったが、単なる言葉の引用にとどまった。この人、引き継ぐことと引用することの違い、を理解していないのではないか、そう思えてならない。

 毎日新聞は、「戦後70年談話に盛り込まれるか注目されたキーワードは『侵略』『植民地支配』『痛切な反省』『心からのおわび』の四つだった。」(8月15日付)と指摘しているが、この視点から戦後50年の村山談話と対比しながら検証してみよう。

 まず「侵略」と「植民地支配」であるが、村山談話は「わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。」と述べている。

 ところが、安倍談話は「事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に訣別し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。」と努力目標としてしか表明していない。一番肝心な侵略や植民地支配によって、アジアの諸国民にどれだけの労苦を強いたかの言及もない。

 次に「痛切な反省」「心からのおわび」はどうだったろうか。村山談話は「疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします。」としている。

 これに対応する安倍談話は「我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました。」と単なる経過報告におわり、実にそっけない。いや、読みようによっては、お詫びの気持ちを表明してきたから「もういいじゃないか」そんな語感さえうかがわせる。

 そのこと強調したいのだろうか、言葉には出さないもののODAなどによる協力を示唆している。「その思いを実際の行動で示すため、インドネシア、フィリピンはじめ東南アジアの国々、台湾、韓国、中国など、隣人であるアジアの人々が歩んできた苦難の歴史を胸に刻み、戦後一貫して、その平和と繁栄のために力を尽くしてきました。」と。戦後補償問題を考えるとき「おい、おい、それでいいのかい」と言いたい。

 安倍談話の締めくくりで「積極的平和主義」を強調している点は、不安をあおる。この人のいう〝積極的〟は何を意味するかは、この間の戦争法案の国会審議で赤裸々になったからだ。単純化すれば「アメリカと一緒になって戦地に赴き、アメリカの戦争を支援する」ということになる。

 つまりアメリカの戦争に加担することが、「積極的平和主義」だというのだ。歴史上、戦争をする国は「平和のために」「正義」を必ず旗印にしてきた。それと同じことを繰り返そうとしているのが、安倍政権ではなかろうか。戦後70年。改めて「同じことを繰り返さない」誓いを強くしたいものである。

★脈絡のないきょうの一行
終戦の日に天皇、「さきの大戦に対する深い反省」に言及。総理大臣が言えないことを天皇が言う、という図式はやはりヘン。

2015/08/10 [Mon] 11:04:46 » E d i t
 大震災が起きた2011年3月、東電福島第一原発の事故や発電所が被害を受けたことで電力供給不足が懸念され、一部地域で2週間だけだったが計画停電が実施された。この計画停電、私はヤラセで怪しいとにらんできたが、その後の状況はどうも当たらずとも遠からず、だったように思う。

 以来、真夏の暑い日でも計画停電や節電の話しはきかない。しかも、すべての原発が止まっている中での出来事だ。それだけにとどまらず、電力会社は昨年あたりから「電気をもっと使ってほしい」と言い出しているではないか。

 これは原発が動いていなくても、電力量は十分確保されていることを示している。ところが川内原発について、「11日にも起動し、再稼働させる。原発の新規制基準施行後では初めての再稼働となる。」(8月10日・時事通信)という。冗談じゃない。

 再稼働しても、事故が起きた場合の責任体制もあいまいなままだという。東京五輪の新国立競技場建設問題で、責任があいまいなまま文科相の局長がトカゲの尻尾切りに遭ったが、同じことをくり返そうとしている。看過できない。

 その一方で、下記のような報道もある。今年の猛暑を乗り越えて電力供給にゆとりがあるというのだ。エアコンの売れ行きは前年の2倍という報道も目にしたが、電力は原発がなくてもコト足りているのである。にもかかわらず、強引に再稼働しようというのだ。以下、先週土曜日の朝日新聞ウェブからだが、参考まで。

                           ◇=◇=◇
太陽光発電の普及・節電定着…猛暑でも電力にゆとり
朝日新聞デジタル 8月8日(土)5時3分配信


 東京都心で7日、最高気温35度以上の「猛暑日」が過去最長の8日連続となるなど、各地で記録的な猛暑が続くなかで、大手電力各社は比較的余裕のある電力供給を続けている。すべての原発は止まったままだが、太陽光発電の普及や節電の定着で、真夏の電力不足の心配は遠のいている。

 電力供給にどれだけ余裕があるかは、その日の電気の供給力と、一日で最も電力の需要が多いピーク時を比べた「最大電力使用率」でわかる。東京電力や関西電力の場合、これが90%以上だと電力の余裕が「やや厳しい」、95%以上だと「厳しい」とされる。100%に近づくと、必要な電力に供給が追いつかず、停電の恐れがでてくる。

 7日までの1週間で、東京、中部、関西、九州各電力の最大使用率をみると、95%以上になったのは1日の中部電だけだった。東電では90%以上が4日あり、あとは90%未満の「安定的」だった。
                            ◇=◇=◇

★脈絡のないきょうの一行
高村自民党副総裁、安全保障関連法案をめぐり「非核三原則を持った日本が運ぶことはありえない」と強調(8月10日・JNNニュース)。だったら法案に明記しろよ。

原発問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
11235 長崎平和宣言 
2015/08/09 [Sun] 12:59:44 » E d i t
 6日の広島につづいて、長崎の平和宣言である。長崎市長は、戦争法案への懸念を表明した。その瞬間、会場から拍手が起きたという。識見である。以下。

                           ◇=◇=◇
<長崎原爆の日>平和宣言全文
毎日新聞 8月9日(日)11時16分配信


 昭和20年8月9日午前11時2分、一発の原子爆弾により、長崎の街は一瞬で廃墟(はいきょ)と化しました。
 大量の放射線が人々の体をつらぬき、想像を絶する熱線と爆風が街を襲いました。24万人の市民のうち、7万4000人が亡くなり、7万5000人が傷つきました。70年は草木も生えない、といわれた廃墟の浦上の丘は今、こうして緑に囲まれています。しかし、放射線に体を蝕(むしば)まれ、後障害に苦しみ続けている被爆者は、あの日のことを一日たりとも忘れることはできません。
 原子爆弾は戦争の中で生まれました。そして、戦争の中で使われました
 原子爆弾の凄(すさ)まじい破壊力を身をもって知った被爆者は、核兵器は存在してはならない、そして二度と戦争をしてはならないと深く、強く、心に刻みました。日本国憲法における平和の理念は、こうした辛(つら)く厳しい経験と戦争の反省の中から生まれ、戦後、我が国は平和国家としての道を歩んできました。長崎にとっても、日本にとっても、戦争をしないという平和の理念は永久に変えてはならない原点です。
 今、戦後に生まれた世代が国民の多くを占めるようになり、戦争の記憶が私たちの社会から急速に失われつつあります。長崎や広島の被爆体験だけでなく、東京をはじめ多くの街を破壊した空襲、沖縄戦、そしてアジアの多くの人々を苦しめた悲惨な戦争の記憶を忘れてはなりません。
 70年を経た今、私たちに必要なことは、その記憶を語り継いでいくことです。
 原爆や戦争を体験した日本、そして世界の皆さん、記憶を風化させないためにも、その経験を語ってください。
 若い世代の皆さん、過去の話だと切り捨てずに、未来のあなたの身に起こるかもしれない話だからこそ伝えようとする、平和への思いをしっかりと受け止めてください。「私だったらどうするだろう」と想像してみてください。そして、「平和のために、私にできることは何だろう」と考えてみてください。若い世代の皆さんは、国境を越えて新しい関係を築いていく力を持っています。
 世界の皆さん、戦争と核兵器のない世界を実現するための最も大きな力は私たち一人ひとりの中にあります。戦争の話に耳を傾け、核兵器廃絶の署名に賛同し、原爆展に足を運ぶといった一人ひとりの活動も、集まれば大きな力になります。長崎では、被爆二世、三世をはじめ、次の世代が思いを受け継ぎ、動き始めています。
 私たち一人ひとりの力こそが、戦争と核兵器のない世界を実現する最大の力です。市民社会の力は、政府を動かし、世界を動かす力なのです。
 今年5月、核不拡散条約(NPT)再検討会議は、最終文書を採択できないまま閉幕しました。しかし、最終文書案には、核兵器を禁止しようとする国々の努力により、核軍縮について一歩踏み込んだ内容も盛り込むことができました。
 NPT加盟国の首脳に訴えます。
 今回の再検討会議を決して無駄にしないでください。国連総会などあらゆる機会に、核兵器禁止条約など法的枠組みを議論する努力を続けてください。
 また、会議では被爆地訪問の重要性が、多くの国々に共有されました。
 改めて、長崎から呼びかけます。
 オバマ大統領、核保有国をはじめ各国首脳の皆さん、世界中の皆さん、70年前、原子雲の下で何があったのか、長崎や広島を訪れて確かめてください。被爆者が、単なる被害者としてではなく、“人類の一員”として、今も懸命に伝えようとしていることを感じとってください。
 日本政府に訴えます。
 国の安全保障は、核抑止力に頼らない方法を検討してください。アメリカ、日本、韓国、中国など多くの国の研究者が提案しているように、北東アジア非核兵器地帯の設立によって、それは可能です。未来を見据え、“核の傘”から“非核の傘”への転換について、ぜひ検討してください。
 この夏、長崎では世界の122の国や地域の子どもたちが、平和について考え、話し合う、「世界こども平和会議」を開きました。
 11月には、長崎で初めての「パグウォッシュ会議世界大会」が開かれます。核兵器の恐ろしさを知ったアインシュタインの訴えから始まったこの会議には、世界の科学者が集まり、核兵器の問題を語り合い、平和のメッセージを長崎から世界に発信します。
 「ピース・フロム・ナガサキ」。平和は長崎から。私たちはこの言葉を大切に守りながら、平和の種を蒔(ま)き続けます。
 また、東日本大震災から4年が過ぎても、原発事故の影響で苦しんでいる福島の皆さんを、長崎はこれからも応援し続けます。
 現在、国会では、国の安全保障のあり方を決める法案の審議が行われています。70年前に心に刻んだ誓いが、日本国憲法の平和の理念が、今揺らいでいるのではないかという不安と懸念が広がっています。政府と国会には、この不安と懸念の声に耳を傾け、英知を結集し、慎重で真摯(しんし)な審議を行うことを求めます。
 被爆者の平均年齢は今年80歳を超えました。日本政府には、国の責任において、被爆者の実態に即した援護の充実と被爆体験者が生きているうちの被爆地域拡大を強く要望します。
 原子爆弾により亡くなられた方々に追悼の意を捧(ささ)げ、私たち長崎市民は広島とともに、核兵器のない世界と平和の実現に向けて、全力を尽くし続けることを、ここに宣言します。
 2015年(平成27年)8月9日
長崎市長 田上 富久

★脈絡のないきょうの一行
マイナンバー、52%が内容知らず(読売)。それでも実施するのかねー。

11234 被爆70年 
2015/08/06 [Thu] 10:44:27 » E d i t
 被爆70年――。被爆者のみなさんには、一言では尽くせない労苦があった。同じことを繰り返さないために、改めて今、声をあげなければ。少し長いが、広島市長の平和宣言の全文を紹介したい。

                           ◇=◇=◇
平和宣言

 私たちの故郷(ふるさと)には、温かい家族の暮らし、人情あふれる地域の絆、季節を彩る祭り、歴史に育まれた伝統文化や建物、子どもたちが遊ぶ川辺などがありました。1945年8月6日午前8時15分、その全てが一発の原子爆弾で破壊されました。きのこ雲の下には、抱き合う黒焦げの親子、無数の遺体が浮かぶ川、焼け崩れた建物。幾万という人々が炎に焼かれ、その年の暮れまでにかけがえのない14万もの命が奪われ、その中には朝鮮半島や、中国、東南アジアの人々、米軍の捕虜なども含まれていました。
 辛うじて生き延びた人々も人生を大きく歪められ、深刻な心身の後遺症や差別・偏見に苦しめられてきました。生きるために盗みと喧嘩を繰り返した子どもたち、幼くして原爆孤児となり今も一人で暮らす男性、被爆が分かり離婚させられた女性など――苦しみは続いたのです。
 「広島をまどうてくれ!」これは、故郷(ふるさと)や家族、そして身も心も元通りにしてほしいという被爆者の悲痛な叫びです。
 広島県物産陳列館として開館し100年、被爆から70年。歴史の証人として、今も広島を見つめ続ける原爆ドームを前に、皆さんと共に、改めて原爆被害の実相を受け止め、被爆者の思いを噛みしめたいと思います。
 しかし、世界には、いまだに1万5千発を超える核兵器が存在し、核保有国等の為政者は、自国中心的な考えに陥ったまま、核による威嚇にこだわる言動を繰り返しています。また、核戦争や核爆発に至りかねない数多くの事件や事故が明らかになり、テロリストによる使用も懸念されています。
 核兵器が存在する限り、いつ誰が被爆者になるか分かりません。ひとたび発生した被害は国境を越え無差別に広がります。世界中の皆さん、被爆者の言葉とヒロシマの心をしっかり受け止め、自らの問題として真剣に考えてください。
 当時16歳の女性は「家族、友人、隣人などの和を膨らませ、大きな和に育てていくことが世界平和につながる。思いやり、やさしさ、連帯。理屈ではなく体で感じなければならない。」と訴えます。当時12歳の男性は「戦争は大人も子どもも同じ悲惨を味わう。思いやり、いたわり、他人や自分を愛することが平和の原点だ。」と強調します。
 辛く悲しい境遇の中で思い悩み、「憎しみ」や「拒絶」を乗り越え、紡ぎ出した悲痛なメッセージです。その心には、人類の未来を見据えた「人類愛」と「寛容」があります。
人間は、国籍や民族、宗教、言語などの違いを乗り越え、同じ地球に暮らし一度きりの人生を懸命に生きるのです。私たちは「共に生きる」ために、「非人道性の極み」、「絶対悪」である核兵器の廃絶を目指さなければなりません。そのための行動を始めるのは今です。既に若い人々による署名や投稿、行進など様々な取組も始まっています。共に大きなうねりを創りましょう。
 被爆70年という節目の今年、被爆者の平均年齢は80歳を超えました。広島市は、被爆の実相を守り、世界中に広め、次世代に伝えるための取組を強化するとともに、加盟都市が6,700を超えた平和首長会議の会長として、2020年までの核兵器廃絶と核兵器禁止条約の交渉開始に向けた世界的な流れを加速させるために、強い決意を持って全力で取り組みます。
 今、各国の為政者に求められているのは、「人類愛」と「寛容」を基にした国民の幸福の追求ではないでしょうか。為政者が顔を合わせ、対話を重ねることが核兵器廃絶への第一歩となります。そうして得られる信頼を基礎にした、武力に依存しない幅広い安全保障の仕組みを創り出していかなければなりません。その実現に忍耐強く取り組むことが重要であり、日本国憲法の平和主義が示す真の平和への道筋を世界へ広めることが求められます。
 来年、日本の伊勢志摩で開催される主要国首脳会議、それに先立つ広島での外相会合は、核兵器廃絶に向けたメッセージを発信する絶好の機会です。オバマ大統領をはじめとする各国の為政者の皆さん、被爆地を訪れて、被爆者の思いを直接聴き、被爆の実相に触れてください。核兵器禁止条約を含む法的枠組みの議論を始めなければならないという確信につながるはずです。
 日本政府には、核保有国と非核保有国の橋渡し役として、議論の開始を主導するよう期待するとともに、広島を議論と発信の場とすることを提案します。また、高齢となった被爆者をはじめ、今この時も放射線の影響に苦しんでいる多くの人々の苦悩に寄り添い、支援策を充実すること、とりわけ「黒い雨降雨地域」を拡大するよう強く求めます。
 私たちは、原爆犠牲者の御霊に心から哀悼の誠を捧げるとともに、被爆者をはじめ先人が、これまで核兵器廃絶と広島の復興に生涯をかけ尽くしてきたことに感謝します。そして、世界の人々に対し、決意を新たに、共に核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向けて力を尽くすよう訴えます。
 平成27年(2015年)8月6日
 広島市長 松井 一實

★脈絡のないきょうの一行
ガソリン、4週連続値下がりだという。消費者としては嬉しいが消費過剰による排ガスが心配。

2015/08/05 [Wed] 10:32:34 » E d i t
 表題は、原爆投下のことではない――。明日から甲子園で高校野球が始まるが、その野球の話しだ。

 若者たちの汗と涙は、いつ見ても感動させられる。それは「一生懸命さ」にあると思う。しかし戦争は、若者のはつらつとした特権を剥奪した。戦争法案で同じことが繰り返されようとしているいま、同じことを繰り返させない、そんな思いを強くしている。球音が途絶えることのない社会でありたい。

 スポーツ紙から心温まる記事を見つけた。以下、紹介しよう。

                           ◇=◇=◇
戦前最後のノーヒッター 神風に散った22歳・石丸進一の在りし日
スポニチアネックス 8月4日(火)11時30分配信


 戦後70年が過ぎようとしている。当たり前のように球音が響く平和で、幸せな時代。しかし、第2次世界大戦ではプロ野球界も例外ではなく、多くの選手が戦火に散った。そんな中で唯一、神風特攻隊員として戦死したのが石丸進一投手(享年22)だ。名古屋(現中日)の一員として、戦前で最後のノーヒットノーランを達成した右腕。おいの石丸剛さん(63)に、ありし日の石丸の姿を聞いた。(鈴木 勝巳)

 石丸進一は、どこにでもいる野球が大好きな青年だった。「投手じゃない日は野手で出場したり、試合のない日は近所の子供と草野球をしたり…。本当に野球が好きだった、と父から聞いています」。石丸剛さんは進一の兄で同じ名古屋でプレーした石丸藤吉(91年死去、享年77)の息子。現在も遺品や写真などを管理している。

 父から聞いた剛さんの話によると、石丸が最後に残した言葉は、モールス信号での「我、突入す」だったという。1945年5月11日。鹿児島・鹿屋基地から沖縄方面へと出撃した。500キロの爆弾を抱えて。そして、そのまま帰らぬ人となった。藤吉が最後に会った時は「敵艦に体当たりして轟沈(ごうちん)させる」と話す弟を、「そんなに死に急いでどうする!」と諭したという。「兄さん、そんなこと分かってるよ」――。それが石丸の答えだった。出撃前、鹿屋基地では戦友に「死にたくない、怖い」とも漏らした。兵舎の陰で泣いている姿もあった。22歳。死の恐怖と必死に闘っていた。

 石丸は41~43年に名古屋でプレー。投手として42年に17勝、43年に20勝を挙げた。捕手に「ミットを動かさないで」と告げ、低めへの抜群の制球力を武器に常に直球勝負だった。戦争がなければ、どれだけの成績を残しただろう。全ての運命は狂い、そして戦争に命まで奪われた。

 出撃直前。石丸は鹿屋基地で、東京六大学・法大出身の本田耕一少尉を相手に、最後のキャッチボールを行った。万感の思いを込めて投じた10球。従軍記者だった山岡荘八(のちの作家)が審判を務め、「涙でよく見えなかった」という10球は全てストライク。そしてグラブを置き、ボールを戦闘機へと持っていった。出撃。しかし、石丸は持っていったはずのボールを鉢巻きで巻いて、風防から放り投げたという。これから死ぬ、と分かっている時の最後のキャッチボール。そのボールに永遠の別れを告げ、死地へと旅立った。剛さんは「どんな思いだったのか…」と今でも考える。

 「こういう形で一人の若者が亡くなった、ということを忘れないでほしい、と思います。こういう事実が日本にあった。平和に野球ができるのが当たり前、と思わずにいてくれれば」と剛さん。あれから70年。「私の叔父は、敵国のスポーツといわれた野球をこよなく愛していた。職業軍人でも、反戦活動家でもない。ただ純粋に野球がやりたかったんです」。盛夏。各地で聞かれる球音は平和の、そして鎮魂の響きにも聞こえる。
                            ◇=◇=◇

★脈絡のないきょうの一行
辺野古新基地建設、一時中断。世論に押され、あの内閣をしてそうせざるをえなかった。次は戦争法案廃案だ。

2015/08/04 [Tue] 11:26:50 » E d i t
 自民党の武藤貴也衆議院議員がツイッターで、戦争法案に反対する学生の団体・SEALDs=シールズを批判したという。これが実に堂に入っている。「自分中心、極端な利己的な考え方」だと。おや? と思ってそれをそのままこの人と安倍首相に当てはめてみると、そっちのほうがよほどしっくり当てはまった。

 もちろん言論・表現の自由だから、SEALDs=シールズを批判するのは自由である。それにつけても方向違いのこの批判、「笑止」というほかはない。

 礒崎陽輔首相補佐官の「法的安定性は関係ない」発言といい、この武藤貴也議員のツイッターといい、戦争法案は「廃案」に軍配があがり勝負あった、といえる。勝負が決まったことに対して、負け惜しみ的発言が前出のそれらである。

 なぜこうまで自民党は怯えるのか。来年の参議院選挙から18歳以上が選挙権を持つ。その若者たちに動いてもらっては困るのだ。若者には〝寝ていて〟もらいたいのだ。ところが若者たちが動き始めた。最近では高校生の反対運動も広がってきた。その動きを止めたいという怯えから出たのが、今回の武藤議員の「発言」なのであろう。

 平家物語の「驕れる人も久しからず」ではないが、自民党政権はその身を長く保つことができないことを示唆している。以下、毎日新聞ウェブから。

                           ◇=◇=◇
自民党:武藤貴也議員、安保反対学生をツイッターで非難
毎日新聞 2015年08月03日 19時17分(最終更新 08月03日 22時12分)


 自民党の武藤貴也衆院議員(36)=滋賀4区=がツイッターで、安全保障関連法案の反対運動をする学生団体「自由と民主主義のための学生緊急行動(SEALDs=シールズ)」について「自分中心、極端な利己的な考え」と非難していることがわかった。
 武藤氏は衆院平和安全法制特別委員会のメンバーで、報道機関への圧力発言や沖縄への侮辱的発言が問題になった自民党若手の勉強会「文化芸術懇話会」にも出席していた。
 シールズは国会前で毎週、抗議をしている。武藤氏は「彼ら彼女らの主張は『戦争に行きたくない』という自己中心、極端な利己的考えに基づく。利己的個人主義がここまでまん延したのは戦後教育のせいだろうが、非常に残念だ」と書き込んだ。
 民主党の枝野幸男幹事長は3日、記者団に「自分が戦争に行きたくない、みたいなレベルでしか受け止めておらず、法案の問題や本質を理解していない。戦後の平和主義、民主主義が積み重ねられてきた歴史に、全く目が向いていない」と追及する考えを示した。維新の党の柿沢未途幹事長も「権力を持っている政党の所属議員として、もってのほかの発言だ」と批判した。【村尾哲】

 ◇「戦前の発想だ」
 武藤衆院議員の発言に対し、シールズの中心メンバーで明治学院大4年の林田光弘さん(23)は「日本は民主主義国家でデモなどの抗議は認められた権利だ。戦争に行きたくないというのは、若者だけでなく多くの人の共通の願い。それを利己的と批判するのはまさに戦前の国家主義そのものだ」と話した。
 関西の大学生でつくるシールズ関西のメンバー、塩田潤さん(24)=神戸大大学院2年=は「逆に戦争に行きたい人なんているのかと聞きたい。こういう発言をする人が政治をやっていることを残念に思う。学生を批判するより、国会で民主主義と立憲主義に沿った議論をしてほしい」と話した。
 自民党滋賀県連の幹部は「武藤さんは若いだけに普段から思い切った発言をしているが、基本的人権をないがしろにしていると取られるような内容はまずい。礒崎陽輔首相補佐官のこともあったばかりで、来夏の参院選に影響しないか心配だ」と困惑していた。【岸達也、遠藤孝康、北出昭】
                           ◇=◇=◇

★脈絡のないきょうの一行
プエルトリコがデフォルト(債務不履行)。ギリシャにつづく国家破産か? どうする世界経済。

政治問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
11231 憲法99条違反 
2015/08/03 [Mon] 18:21:02 » E d i t
                           ◇=◇=◇
<法的安定性発言>礒崎補佐官が謝罪…辞任は否定 参院特委
毎日新聞 8月3日(月)13時14分配信


 参院平和安全法制特別委員会は3日午後、安全保障関連法案に関して「法的安定性は関係ない」などと述べた礒崎陽輔首相補佐官に対する参考人質疑を行った。礒崎氏は冒頭、「軽率な発言により特別委の審議に多大な迷惑をかけた。国民、与野党に心からおわびする」と謝罪した。法的安定性を否定する考えはなかったとする一方、「大きな誤解を与えた」と発言を取り消し、首相補佐官の職務を継続する意向を示した。野党側は礒崎氏の辞任を求める。
                           ◇=◇=◇

 さすが首相補佐官。首相同様、堂々とウソをつく。戦争法案について「法的安定性は関係ない」と述べた人が、法的安定性を否定する考えはなかった、と説明したうえ、大きな誤解を与えた、だって。だったら責任取って辞任しろよ、と言いたい。

 つまるところ今回の事件は、自分の発言に無責任で「何でもあり」を示したにほかならない。今回の首相補佐官発言を憲法との関係でみるならば、「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」という憲法尊重擁護義務を定めた99条違反である。

 そもそも戦争法案自体が、多くの憲法学者が指摘するように違憲であるわけだから、首相補佐官が憲法違反の発言をすることは、実は何の矛盾もないのかもしれない。だから、彼は堂々と「法的安定性は関係ない」と述べたのである、と考えればつじつまが合う。

 きょうの国会の参考人質疑の彼の発言をもう少し噛み砕いてみると、『安保法制について法的安定性が必要ないことを、国民・与野党は理解していない。それはとんでもない大きな誤解であり、説明できなかった自分に心からおわびする。理解できないのは国民なのだから、自分は辞任する必要は全くない』ということになる。

 法案自体が違憲であり、99条の憲法尊重擁護義務を投げ捨てた発言は、厳に戒めなければならない。この発言を放置する(責任をとって辞任させない限り)ことは、堤防の小さな穴を見過ごすことにつながり、遅からず大洪水がやって来るイヤな予感がするからだ。

 そのうえで見過ごしてならない問題がある。「安倍晋三首相は3日昼の政府与党連絡会議で『与党に迷惑をかけ申し訳ない。もとより法的安定性は重要な考えの柱だ』と陳謝した。」(同上、毎日新聞)という報道である。この発言もウソっぽい。なぜなら、パラノイア(偏執病)としか思えない戦争法案成立への執念は、法的安定性を一番無視しているからだ。

★脈絡のないきょうの一行
「ウィキリークス」、米国家安全保障局(NSA)が日本政府などを標的に盗聴を行っていたと公表。ドイツだけじゃなかったんだネ。
政治問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。