FC2ブログ
ヘボやんの独り言
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
10964 浪江町報告⑤ 
2013/10/25 [Fri] 10:48:37 » E d i t
 浪江駅をあとにして、請戸(うけど)小学校をめざしました。海岸に近づくと、大きな建物が見えました。案内の柴田さんは「あれが請戸小学校だ。この周辺には住宅があったがそのほとんどが流された。けど、いくつかは残っている。残ったのが不思議だが、土台がしっかりしていたからだろうか」と説明してくれました。

【写真15】
15
【写真16】
16
 請戸小学校に向かう途中、「東日本大震災慰霊碑」と書いた石碑を見つけました(写真15)。石碑の後ろには塔婆が林立しています。この周辺で亡くなった人の慰霊碑でしょう。浪江町では149人の方が亡くなっています。私たちも静かに手を合わせました。その慰霊碑の向こう側は、人が住んでいたとは思えないほど雑草で覆われた平地になっています(写真16)。漁船でしょうか、陸地に取り残されたままの船は悲しげです。

【写真17】
17
【写真18】
18
 学校の外壁は部分的にはそのままですが、大半は壊れています(写真17)。中に入ってみました。体育館には「修・卒業証書授与式」という大きな看板が下がっていました(写真18)。式典は終わったのでしょうか、それとも翌12日の準備だったのでしょうか。床面は大きくへこんでいます。津波が床下を削いでいったのでしょう。

【写真19】
19
【写真20】
20
 2階の教室をのぞいてみました。写真では分かりにくいのですが、黒板のちょっと下に線が見えます。おそらくここまで水が上がってきたのでしょう。教室内は乱雑状態のままでした(写真19、20)。時計は午後3時38分を指したまま止まっています。津波はこの時間に襲ってきたと思われます。体育館の時計も同じ時間を指していましたが、学校はこの時間で止まったままなのです。(次回につづく)

★脈絡のないきょうの一行
沖縄名護市長選挙で普天間飛行場の辺野古移転を容認する候補を、現職・仲井真知事が支持。なんかヘンでないかい?

スポンサーサイト



災害問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △