FC2ブログ
ヘボやんの独り言
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
2012/06/20 [Wed] 12:33:19 » E d i t
 先週の金曜日15日は、逃亡中であったオウム真理教元幹部の逮捕、ゴビンダさんのネパールへの帰国、幼児の初めての生体移植、民・自・公三党による消費税増税密室談合の動き――などのニュースに隠れて、通常なら新聞やテレビのトップニュースになる記事がネット(ヤフーのホームページ)に流れました。北朝鮮による拉致事件に関するそれですが、4時間ほどで消えました。不思議なこともあるものですが、たまたまストックしておきましたので、参考までに紹介しましょう。

                         ◇=◇=◇
横田めぐみさん 「04年死亡」記載 平壌保健省資料
産経新聞6月15日(金)14時59分配信

 【ソウル=加藤達也】韓国紙、朝鮮日報は15日、韓国の拉致被害者家族でつくる「拉北者家族会」の崔成龍(チェソンヨン)代表が、日韓拉致被害者7人の「死亡確認書」の内容を書き写したとされる文書を入手したと報じた。内容には横田めぐみさん=拉致当時(13)=も含まれ、「2004年12月14日死亡」と記載されているという。

 北朝鮮内部関係者が平壌にある保健省関係機関に保管されていたものを書き写したとしており、死亡確認書原本の発行機関は平壌郊外の「第49予防院」となっている。

 朝鮮日報は内容について韓国の情報当局などに真偽判定を要請したが、当局は「判定しにくい」としたといい、文書の信憑(しんぴょう)性は不明。

 北朝鮮は、横田さんの安否について02年の日朝首脳会談で「1993年死亡」としたが、その後目撃証言が出ると「94年に死亡」に変更。04年11月には横田さんのものだとする「遺骨」を日本側に引き渡したが、鑑定でニセものと判明。今回の「死亡確認書」の内容では遺骨引き渡し後に「死亡」したことになり、めぐみさんの安否に関する北朝鮮の主張の信用性がさらに落ちたといえそうだ。

 7通の中には韓国人拉致被害者の申淑子(シンスクジャ)さんらも含まれている。
                         ◇=◇=◇

 この報道が事実だとすれば、拉致問題の新たな展開ですし、北朝鮮のこの問題に対する対応が改めて問題になります。ところが、あのテレビでさえも(全て見ているわけではありませんが)取り上げなかったようですし、「家族会」の動きもないようです。

 短時間で消えたこの情報、誤報だったのでしょうか。本文にあるように、「真偽判定」ができなかったのでしょうか。ちょっとしたミステリーではあります。ご存知の方、書き込みをお願いします。

★脈絡のないきょうの一行
イチロー、大リーグで2500本安打。やはり超人だ。
スポンサーサイト