ヘボやんの独り言
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
2012/05/31 [Thu] 07:38:08 » E d i t
 最近、かつて起きた現象とおなじようなことが新聞を〝賑わして〟います。かつては、国鉄の分割民営化のとき「カラスが鳴かない日はあっても、国鉄職員の批判記事がない日はない」と言われたくらい、国労攻撃キャンペーンが繰り広げられたこと。そして最近は、橋下徹大阪市長の言動についてです。

 もし、「幼児性逆恨み症候群(ようじせいさかうらみしょうこうぐん)」という病名があれば、この人にぴったり。その典型が、市職員の政治活動の禁止条例(案)。君が代を歌っていない職員に対する処分もひどかったが、この条例案も時代遅れ。国公法における政治活動の禁止条項が現代社会に馴染まないということで、批判があることはご承知のとおりです。

 自分の時間を使って、自分の支持政党の政策ビラを配布したとして国公法違反に問われ、裁判になっている堀越明雄さんの事件(国公法堀越事件)を引き合いに出すまでもなく、公務員の政治活動は自由であるべきです。ところがこの国の法律は、国家公務員法という枠のなかで禁止しているのです。憲法では思想信条の自由や政治活動の自由を認め、一般法で禁止するという矛盾が起きています。このことが「国公法の政治活動禁止は憲法違反である」といわれるゆえんです。

 その憲法違反法令を、今度は地方公務員に適用させようというのが大阪市の橋下私案なのです。屋上屋条例とも言えます。これはひどい。この根底には何があるのでしょうか。

 なんらかの思想や理想や哲学があるかといえば決してそうではなく、理由ははっきりしていると私は思います。あの大阪市長選挙で大阪市職員労働組合(連合系も全労連系も)は、「橋下市長阻止、ファッショ阻止」をかかげ、対立候補を支持して活動しました。その活動にハシモトトオルさんは、極端な不快感を表していました。その不快感が市職員の政治活動禁止条例制定に直結していることは推して知るべし、でしょう。

 つまりこの条例案は、選挙の時の〝仕返し〟なのです。子ども、とりわけガキ大将が自分に敵対する子どもをいじめる光景がよくありますが、それと全く同じです。つまり幼児的な対抗手段として、この条例案が提出された、そう考えると理解できるではありませんか。

 ハシモトトオルさんが打ち出してくる「政策」は新たなものがありそうに見えますが、実に幼児性に富んでいいます。撤回しましたが、教育条例案もそうでした。「しょう害者を抱える家庭は愛情をもっともつべき」など、実に子どもじみた考えでした。子どもじみた考えを笑ってはいられません。子どもは時折、残酷なことをするからです。

 それにつけても皮肉な現象が生まれています。全労連系列の大阪労連の議長から聞いたことですが、「反橋下市長」の一点で、連合系組合や中立系組合とも統一行動ができるようになった、というのです。〝幼児性逆恨み症候群〟は意外(いや法則的かも)な方向で発展しています。

★脈絡のないきょうの一行
小沢一郎VS野田佳彦=決裂。だれもが考えた数式。誤解を恐れずに言えば、政界再編でしょう。
スポンサーサイト
政治問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2012/05/25 [Fri] 11:18:39 » E d i t
 韓国岳山頂から眼下に見える新燃岳は、昨、2011年1月27日15時41分に52年ぶりとなる爆発的噴火が起こりました。これが最近の「新燃岳噴火」といわれるものですが、以来、降灰などの被害が宮崎、鹿児島の両県に広がりました。小ブログ11年3月25日づけにも書きましたが、この新燃岳の被災者支援のため私はあの「3.11」の翌日に調査に参加しました。

 都城市と鹿児島市の被災者の方々とお会いし、被害実態を見せてもらい被災者支援や復興の在り方について意見交換しました。しかし懸念したとおり、東日本大震災の桁違いの被害に、新燃岳被災は隠れてしまいました。新燃岳の噴火は小規模ながら今でもつづいており、韓国岳登山は禁止されています。登山予定のある方は、くれぐれも事前調査を。

 2日目。予報通り、朝から雨です。ツアー客28人中2人が「パス」宣言を行い、26人に。登山口に行く途中、「イッシー」で有名な池田湖に立ち寄り、さらに開聞岳の守り神がまつってあるという枚聞(ひらきき)神社にも寄りました。イッシーは大きなウナギだろうという説が有力なようで、枚聞神社では大きな楠の股にサクラが咲いている珍しい光景を見せてもらいました。

 この山について日本山岳大辞典(竹書房)を引いてみると「古くから鹿児島に入る船舶の好目標なところから、海への門戸を開いている『海門の山』として崇められた」と記述しています。その意味が発展して開聞岳となったようです。信仰の山なのです。

 登山口から(上から見て)時計回りに前進します。雨のため雨具を着けて歩くことになりました。少々、うっとうしいのですが止むを得ません。登山口から、時計でいえば長針がちょうど1時間回ったところが山頂となります。

 3回の休みを入れて山頂に着いたとき、雨は上がっていたものの周辺はガスで包まれ、何も見えませんでした。しかし、全員が無事に山頂を踏むことができ喜びあったものです。一行は、前夜泊まった宿にもどり、昼食をとったあと温泉で汗を流しました。

 帰りは、鹿児島空港から羽田に向かいます。途中のお土産物屋でそれぞれが、思い思いのものを買い込み2日間の登山ツアーに幕をおろしました。

*徒歩総時間/2001年3月16日/韓国岳・2時間15分、17日/開聞岳・4時間10分
■16日/韓国岳登山口(12:35)-韓国岳山頂(14:00 14:20)-登山口(15:10)
■17日/開聞岳登山口(8:55)-開聞岳山頂(11:25 11:45)-登山口(13:25)

*参考/2009年4月10日/韓国岳・1時間50分、11日/開聞岳・4時間10分
■10日/韓国岳登山口(12:40)-5合目(13:15 13:25)-韓国岳山頂(13:50 14:10)-登山口(15:00)
■11日/開聞岳登山口(8:25)-5合目(9:20 9:30)-開聞岳山頂(10:55 11:25)-登山口(13:15)

★脈絡のないきょうの一行
数土文夫さん、東京電力社外取締役兼業を批判されNHK経営委員長を辞任。当然のことが行われたのは久しぶりだなー。

2012/05/23 [Wed] 14:04:02 » E d i t
 百名山報告も残すところ4山となりました。今回は例によって2山まとめ登りましたので、一緒の報告です。百名山報告はいよいよ最終コーナーにかかります。
 
 霧島山は12のピークで形作られ山塊全体をそう呼んでおり、単独の「霧島山」というのはなく、最高峰は韓国岳(からくにだけ)で、それがこの山の標高として表示されています。最近ではこの韓国岳よりも、噴火し始めたすぐ近くの新燃岳(しんもえだけ)のほうが、有名になってしまいました。

 開聞岳は「薩摩富士」と呼ばれるだけあって、円錐形のきれいな形をした山です。典型的な孤立峰で高さもありません。したがって、登るときは螺旋階段を上がるような感じにぐるりと巻いていきます。これはこれで面白い。

 この山は2山ともセットで、2001年3月16、17日と、2009年4月10、11日の2回登っています。ここでは11年前になりますが、最初のときのものを報告します。

 最近ではほとんどの旅行会社が企画ものとして売り出していますが、当時はまだ少なかった毎日新聞旅行社の登山ツアーに参加しました。周りにもよびかけたところ、仲間たち5人がエントリーしてくれ、他の参加者も含めると合計28人となりました。

 早朝、羽田空港を出発。まず宮崎空港に降り立ちました。空港から貸し切りバスで直接、韓国岳の登山口・えびの高原へ。天気は薄めの雲の間から太陽が時折、顔を出し風は南風ですが心地よく私たちを包んでくれます。えびの高原のレストハウスで準備を整え、スタートしました。

 まず、硫黄のにおいが立ち込める硫黄山の下を通過し、灌木地帯を歩きます。まだ堅めのつぼみを付けたミヤマキリシマが、自分の出番を待っています。5月下旬から6上旬に咲き始めるといいますが、その木の多さから推測するに見事な景色を作ってくれることでしょう。

 休憩を入れて1時間半ほどで山頂に到着。火山でできた山特有の、噴火口の跡がお釜として点在しています。「お釜が多いから、ここは東京で言えば新宿三丁目みたいなところだ」と言った人がいますが、さて、何人理解できたでしょうか。山頂からは新燃岳の特徴あるピークが、天を衝いていました。これは絵になります。

 山頂で一休みして下山は一気。バスは指宿(いぶすき)の「国民休暇村」へ向かいました。夕食を済ませて、みんなで指宿温泉の名物・砂蒸し風呂を楽しみました。砂をかけてもらうと、じんわりと腰あたりから温まってきます。至福のひとときです。(次回につづく)

★脈絡のないきょうの一行
毒性と発がん性の高い、ホルムアルデヒドが20日に利根川水系で廃棄された模様。飲料水を取水する川でこれはひどい。徹底解明をしてほしい。

2012/05/21 [Mon] 11:01:16 » E d i t
 金環日食、観ることができましたか。7時35分、みごとな円を描きだしました。大宇宙ショーというところですが、自然の面白さに改めて拍手です。その太陽のことですが先週、やや気になるウェブを見つけました。毎日新聞からです。

                         ◇=◇=◇
<太陽>大規模爆発が発生の可能性 京大教授ら突き止める
毎日新聞5月17日(木)2時0分配信

 太陽の表面で起こる爆発現象「太陽フレア」について、地球に大きな被害をもたらすほどの大規模爆発(スーパーフレア)が今後、発生する可能性があることを、京都大の柴田一成教授(太陽・宇宙プラズマ物理学)らの研究グループが衛星の観測データから突き止めた。17日付の英科学誌ネイチャーに掲載された。

 グループは、過去最大級の太陽フレアの100~1000倍のエネルギーを放出するものを「スーパーフレア」と定義。米国の惑星探査衛星「ケプラー」が09年に観測した約8万3000個の恒星の明るさの変化に関するデータを解析し、148個の恒星で365回のスーパーフレアがあったことを確認した。

 これまで恒星のすぐ近くに高温の巨大なガス惑星(ホットジュピター)がなければスーパーフレアは起きないと考えられ、太陽にはこうした惑星がないことから、スーパーフレアは起きないとされてきた。しかし、今回確認した148個の恒星にはホットジュピターは存在せず、柴田教授は「太陽で全く起きないと言えなくなった」としている。

 太陽フレアはしばしば観測され、エックス線が増加するため、地球に通信障害などの影響が出ることがある。仮にスーパーフレアが起きれば大量の放射線や磁気嵐が地球上に降り注ぎ、人体の被ばくや地球規模の停電など大きな影響が出る恐れがある。柴田教授は「過去に起きた形跡がないかを調べるとともに、予測が可能かも探りたい」と話している。【五十嵐和大】
                         ◇=◇=◇

 この問題、以前からくすぶっているものです。太陽が大爆発を起こしたら、地球にどういう影響が出るのか、全く未知の世界です。前出のウェブでも触れていますが、磁気に大きな影響が出るのではないかと懸念されてきました。太陽の大爆発は止めようがありませんが、人類が築いた科学の力を駆使して、被害を最小限に食い止めることはできるはずです。まさにいま、人智の結集が求められています。

★脈絡のないきょうの一行
旭天鵬、37歳で大相撲初優勝。最年長記録というがよくやった。継続こそ力、の典型。

未分類 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
10738 「一行」編47 
2012/05/18 [Fri] 13:25:40 » E d i t
2012/04/02
消費税増税をめぐって、政党再編のきざし。ここはじっくり冷静に見ていきたいものだ。

2012/04/04
昨夜の〝春の嵐〟はすごかった。地震だけでなく、風雨への防災対策も重要。

2012/04/07
石原、亀井、橋下、河村――。コップの中が騒がしくなってきたぞ。

2012/04/09
北朝鮮のミサイルに、はりぼて報道(読売新聞ウェブ)。事実だとしたら、笑うより悲しいね。

2012/04/11
東北3県で仮設住宅入居待機家族が1400世帯(毎日新聞)。1年以上経ってもこの状態、先進国かねー。

2012/04/16
「すべての原発が止まってしまうのはまずい」――枝野経産大臣の本音はここ。停止から廃炉へのガチンコのたたかいさらに。

2012/04/18
尖閣諸島のうち個人所有の島の国有化も選択肢、と野田首相。しっかり、中国と台湾に説明してね。

2012/04/21
参議院で防衛大臣と国交大臣の問責決議が可決。でも「やめない」。日本の国会のなんと軽いことか。

2012/04/23
JR福知山線事故から7年。二人の肉親を亡くした友人Aさんのたたかいは終わらない。

2012/04/27
期待はしていなかったが、小沢一郎さんはやはり無罪。政局から目が離せない。

2012/04/30
29日未明に起きた関越道の死者7人のバス事故。原因は居眠りだというが、本当は長距離を走った労働加重ではなかったのか。

★脈絡のないきょうの一行
政府、関西電力管内に15%の節電要請を決定。何やらヤラセくさいぞ。
10737 「一行」編46 
2012/05/16 [Wed] 13:41:33 » E d i t
2012/03/05
今年の経済成長率目標を、昨年の8%から7.5%へ下方修正。中国よ、おまえもか。

2012/03/06
11日は全都道府県で「原発なくせ」の行動が予定されている。日本国民の思いを示す日にしたい。

2012/03/07
すごいね、ブタ肉の輸入で3億円の脱税。丸々太ったんだろうなー。

2012/03/08
文科省チーム、首都直下震度7を想定した被害想定に着手。全容を知らせてほしい。

2012/03/09
東京・立川市で95歳の母親と、それを介護の63歳の娘とみられる2人が孤独死。やりきれない。

2012/03/12
昨日、全国各地で展開された「原発なくせ」行動。推進者たちの焦りが見えるようだ。

2012/03/23
危ないぞ、派遣法。骨抜き法案が、自公も賛成し成立しそうな気配。許すまじ。

2012/03/26
稼働原発、北海道・泊だけの1基に。それでも電力不足の声は聞かない。原発は不要の証だ。

2012/03/27
イラク派兵反対運動で行われた、自衛隊のスパイ(監視)活動に仙台地裁が断罪。当然だ。

2012/03/28
辺野古アセスで沖縄県知事、404件の不適切を指摘。この計画、やはり無理。野田さん、諦めたら?

2012/03/29
東京地裁、JAL不当解雇で乗員(パイロット)関係に不当判決。裁判所前は怒りの声が渦巻いた。

2012/03/30
昨日につづき、またしてもJALの客室乗務員に不当判決。司法は死んだのか。

2012/03/31
司法は自らが決めた「解雇4要件」をJAL裁判で事実上、破棄。天に唾する行為だ。喝!

★脈絡のないきょうの一行
きのうは肌寒さを感じたが、きょうは夏日で、熱中症注意報。どうした地球。

10736 「一行」編45 
2012/05/14 [Mon] 19:40:05 » E d i t
2012/02/01
沖縄防衛局が選挙介入。宜野湾市長選挙をめぐって、職員・親族リストを作成。禁じ手だ。

2012/02/03
沖縄防衛局の選挙への関与、常態化(毎日新聞)。これは更迭では済まされない、刑事事件だ。

2012/02/06
宜野湾市長選挙が告示された。米軍ノー・普天間返せ、のたたかいだ。全国からの応援を。

2012/02/08
岡山県でトンネル掘削中に崩落による浸水事故。下請け会社社員5人が行方不明。やるせない。

2012/02/10
12春闘勝利をめざす「2.10中央行動」が展開された。さあ、ゴングが鳴ったぞ。

2012/02/12
沖縄・宜野湾市長選挙、きょう投票。歴史の結節点にしてほしい。

2012/02/15
橋下大阪市長、市職員の思想調査を指示。これはひどい。まるで戦前の特高警察だ。

2012/02/16
衆議院の比例80削減私案を、各党協議で樽床伸二座長(民主)が提案。恥知らずとしか言いようがない。

2012/02/17
橋下大阪市長の、市職員へのアンケートを入手。ひどい中身。あの市長、ホントに弁護士?

2012/02/20
選挙制度問題佳境へ。民意を反映しない小選挙区制にこそメスを入れるべき。比例削減など論外だ。

2012/02/22
光市の母子殺害事件で、当時18歳だった被告に死刑判決が確定。やはり、釈然としない。

2012/02/24
メールまで調査の橋下大阪市長、正気を失ったか。自信のなさの一表現かもしれないが許されない。

2012/02/27
野田首相、沖縄訪問。つまるところ恥の上塗りになるのでは?

★脈絡のないきょうの一行
明日、沖縄復帰40年。いまだに軽減されぬ基地負担。その根底に日本の前近代的政治システム。
10735 「一行」編44 
2012/05/11 [Fri] 10:23:52 » E d i t
 「きょうの一行」のまとめ編です。しばしおつきあいください。

2012/01/04
全力疾走の東洋大学、箱根駅伝新記録で優勝。すごい。暗い世相の明るい話題。

2012/01/05
広島の原爆碑にペンキスプレー。これは単なるいたずらではなく、平和への暴力だ。

2012/01/06
アメリカ、新国防戦略で「中国の台頭は脅威」と発表(日経新聞)。きな臭さ強まりそう。

2012/01/09
いよいよ10、11日に小沢一郎被告の本人尋問。陸山会事件の真相に迫ってほしい。

2012/01/11
小沢一郎さん、陸山会事件の本人尋問で土地購入のカネの出所について新たな証言。2転、3転、いや、6転だ。これって何?

2012/01/13
宮城県南三陸町に、高台の土地106ヘクタールを元楽天副社長が寄付。すごい。超〝伊達直人〟版だ。

2012/01/16
増税推進報道のなかでも、世論調査の過半数は「消費税増税ノー」。どうするメディア。

2012/01/17
最高裁、「君が代訴訟」で裁量権の逸脱だとして処分を取り消す判決。少し、風が通った。

2012/01/19
野党7党が「新党きづな」を野党と認めず。仕方ないか。「きづな」は野党というより野合だからなー。

2012/01/20
東京は初雪です。情緒を感じますが、東北の被災地や豪雪地帯を想うと心が痛みます。

2012/01/23
放射性物質「汚染石」使用問題、いろはの「い」が行われなかったことが原因。行政の責任は重い。

2012/01/24
15年10月に消費税を10%にしても16.8兆円の赤字という試算。危機感を煽っても駄目なものは、ダメ!

2012/01/27
年金支給額、4月から0.3%引き下げ。預金金利より高い率。生活直撃だ。

2012/01/30
ノルウェーのストルテンベルグ首相がホロコースト関与を謝罪。歴史への真摯な対応に大きな拍手をおくりたい。

★脈絡のないきょうの一行
富士山直下の活断層を文科省チームらが発見。火山国ニッポンにあって想定内だが、ちと怖い。

2012/05/10 [Thu] 13:14:41 » E d i t
 小沢一郎民主党元代表による「陸山会事件」の強制起訴で、東京地裁の無罪判決を不服として指定弁護士(検察役)は、東京高裁に控訴することを発表しました。この控訴、私は支持します。

 指定弁護士は控訴理由の主なものに、判決に事実誤認があったことをあげています。判決全文を読んだわけではありませんが、私も腑に落ちないところがあります。たとえば、小ブログでも指摘しましたがあの土地購入資金の出所説明は二転、三転しているし、カネの動きが不自然にもかかわらず、判決はそのことを精査していないからです。

 そういう事実関係の誤認とともに、私はこの事件を国民(検察審査会)が2度にわたって「起訴すべき」という結論を出した原点に振り返ったら、当然、控訴すべきであると考えています。なぜなら、陸山会事件は「ふつう」ではないし、国民感情=目線からみればシロだとはどうしても思えないからです。

 改めてこの事件の概略だけを追ってみましょう。この事件が刑事問題に発展したのは、市民の告発だったことは象徴的です。2009年11月、小沢一郎秘書に対して「陸山会」が2004年に世田谷の土地を購入したときの政治収支報告書が虚偽記載ではないかと、市民団体が政治資金規正法違反容疑で告発しました。これがきっかけとなっています。

 これを受けた東京地検は2010年1月、政治資金規正法違反容疑で石川知裕衆議院議員や小沢一郎秘書らを逮捕。一方、別の市民団体が小沢一郎元代表に対しても政治資金規正法違反容疑で告発しました。2月に20億円を超す虚偽記載容疑で秘書3人が起訴されました。ところが、小沢元代表は嫌疑不十分で不起訴処分となったのです。

 この不起訴処分に対して、市民団体は不服申し立てを行い検察審査会と東京地検特捜部の再審査が始まり、何回かのやりとりを経て2010年10月に東京第五検察審査会は2004年と2005年の土地購入経緯について小沢元代表を起訴相当と議決したのです。

 これに対して元代表は、この強制起訴手続きを差し止めようと行政訴訟を起こしましたが、最高裁はこれを却下。2011年1月に指定弁護士によって小沢元代表は強制起訴されたのです。以来、裁判がつづけられ今年4月26日に「無罪」の判決が出たのです。

 この事件について元代表は未だに説明責任を果たしていません。不思議なことです。09年の時点で説明しておれば、強制起訴はなかったかもしれません。なぜ説明しないのか。政治家としての資質の問題に抵触するのではないでしょうか。その延長線でみれば、民主党の同代表への党員資格停止解除はいかがなものか、と言わざるをえません。

 指定弁護士は、新たな証拠も準備するとしていますが、控訴審は厳しいものが予想されます。もちろん私は「疑わしきは被告人の利益に」という『白鳥判断』は、(再審ではないが)この事件でも適用されてしかるべきだと思っています。それゆえに指定弁護士の奮闘に期待したいし、東京高裁は真実を明らかにしてほしいと願っています。

★脈絡のないきょうの一行
国際陸連、タレント・猫ひろしのカンボジア代表として五輪出場資格なし、と判断。識見だね。
政治問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2012/05/09 [Wed] 12:04:11 » E d i t
 連休中の5月4日、白馬岳で九州の6人パーティー全員が低体温により死亡しました。報道によれば一行は冬装備をしておらず、天候の急変で体温を取られたようです。この日は大陸からの寒気が日本列島を襲い、大量の雨を降らせており山では強風と雪に見舞われたようです。事件の概略を毎日新聞ウェブから拾ってみましょう(一部割愛)。

                         ◇=◇=◇
北ア・6人遭難死:雪上に倒れた登山者 九州から2泊3日
救助隊長「行程に余裕を」/長野
毎日新聞 2012年05月06日 地方版

 北アルプスの小蓮華山から白馬岳(2932メートル)に通じる登山道で4日にあった、60〜70代の男性6人パーティーの山岳遭難事故。捜索関係者は5日にヘリや地上からの懸命の捜索を展開したが、6人の死亡が確認された。【渡辺諒、福富智、巽賢司】
 ◆ヘリで6人を発見
 県警は5日午前5時半ごろから県警ヘリでの捜索を開始し、地上からも大町署員ら6人が栂池高原から現地に向かった。午前9時45分ごろ、県警ヘリが遭難した6人を発見し、救助活動を開始。発見後、ふもとの白馬村内の北部消防署に県警ヘリで2人ずつ搬送。同署で医師が6人の死亡を確認し、大町署に搬送した。
 ◆服装の不備を指摘
 6人の遺体状況を確認したという白馬村山岳遭難防止対策協会の降籏義道・救助隊長は「夏に近い服装で、この時期の九州の1000メートル級の山に行くような格好だった。手袋も防寒機能が欠けたものだった」と服装の不備を指摘した。加えて日程に余裕が無かったことも遭難の要因という。降籏さんは「九州から来るのに、なぜ2泊3日の予定を組んだのか。天候不順の時に行動しない予備日を設けるなど、余裕のある日程を考えるべきだった」と話した。
 ◆天候未確認で入山も
 また、多くの中高年が入山する登山ブームの中、今回のように天候も確認せずに入山するケースが増えているという。降籏さんは「携帯電話で簡単に天気を確認できる時代だが、それでは不十分で危険だ。天気図を読んで把握する必要がある」と苦言を呈した。さらに「北海道の大雪山系トムラウシでの遭難や、06年秋の白馬岳の遭難なども、天候を十分に把握して無かったことが原因と聞いている。天気が分かっていれば状況は変わっていたはずだ」と語気を強めた。
                         ◇=◇=◇

 発見地点は私も歩いたことがあります。小蓮華岳から少し下り白馬岳山頂に向かう最後の登りに取りかかる地点です。天気が良ければ何の苦労もいらない気持ちのいい尾根筋です。それが一気に6人のいのちを奪ったのです。今後、この遭難事故の検証が行われることになるでしょうが、それを見守りたいと思います。

 実はこの日、私は九州の山に登っていました。連休を使って八ヶ岳あたりの今年最後の雪山を歩いてみようと思っていたのですが、天気が悪くなるという予報があり「九州方面なら天気は安定する」と読んだのです。3日に由布岳、4日に雲仙普賢岳の山頂を踏みました。しかし、2山とも雨と強風に見舞われました。北アルプスのみならず、九州の山も天気は荒れていたのです。

★脈絡のないきょうの一行
消費税増税法案、審議入り。くらし守る「増税ノー」の大きな国民運動今こそ。

2012/05/07 [Mon] 10:49:33 » E d i t
 「子どもの未来を奪うかもしれない原発が『こどもの日』で全て止まるのは因縁を感じる」(5月6日、毎日新聞)――。

 ついに国内に存在する54基全ての原発が止まりました。その止まり方のきっかけは大震災であったことを、もう一つの「因縁」として私たちは記憶にとどめておく必要があるのではないでしょうか。つまり、人類と原発(爆弾も含む原子力)は共存できないという、自然の摂理がはたらいた意味での因縁として。

 原発停止について推進派の読売新聞は「東京電力福島第一原発の事故の影響で、定期検査で止めた原発を、検査を終えた後も再稼働できなくなっていることが原因だ。事故の教訓を踏まえ、原発の安全性を再確認するのは重要だ。だが、政府の原子力政策が迷走し、再稼働への手続きにブレーキをかけた点は看過できない。」(5月5日社説)と政府の責任を追及しています。

 同様に日経新聞も「昨夏の東日本の節電は産業や生活に負担を強いた。使用制限を課せられた企業では、工場を土日に操業する変則勤務にしたり、買電に比べ3倍ものコストをかけて自家発電に頼ったりした。『こんなことを続けられない』が、多くの経営者の本音だろう。もし大規模な停電が起きれば深刻な社会的混乱をもたらす恐れもある。」(5月5日同)と、社会的混乱を理由に再稼動を暗に促しています。

 産経新聞も「暮らしや経済を支える電力供給は、需要ピークの夏場に綱渡りを強いられる情勢だ。だが、こうした事態を迎えても、野田佳彦政権から一向に危機感が伝わってこないのは異様である。」と、政府を叱咤激励し、日経同様「事態は切迫している。政府の試算でも、原発の再稼働なしに猛暑を迎えた場合、沖縄を除く9電力会社の平均で0・4%の電力不足となる見通しだ。北海道と九州は3%台の不足となり、原発利用率の高い関西では15%前後もの電力不足が見込まれている。」(5月6日同)と、電力不足による危機感を煽っています。

 一方、毎日新聞は「国民の願い受け止めよ」という小見出しを立てて、「79年の米スリーマイル島原発事故、86年の旧ソ連のチェルノブイリ原発事故が原発の安全を大きく揺さぶった。07年の新潟県中越沖地震や99年のJCO臨界事故は、地震や放射能のリスクを教えたが、依存体制は揺らがなかった。それどころか、福島第1原発の過酷事故が起きた後も、『原発ゼロ』を回避する力が働いた。それに反して全原発停止が現実になった背景に、国民の強い意志が感じられる。」(5月6日同)と、日本国民の脱原発への意識に触れており、まだましと言えます。

 価値観が変わったと言われる「3.11以降」ですが、原子力発電への価値観は多くの新聞社で変わっていない、そう感じるのは私だけでしょうか。

★脈絡のないきょうの一行
昨日、茨城県つくば市を中心に竜巻被害が発生。その爪あとは津波被害と同じ形状。自然災害は似ている。

2012/05/04 [Fri] 06:55:07 » E d i t
 ネットを〝転がして〟いると思いもよらぬものを見つけ、嬉しくなることがあります。以下もその一つですが、これは面白い。

                         ◇=◇=◇
うつを予防する食事 意外にも居酒屋メニューがぴったり
週刊朝日4月29日(日)7時4分配信

 ゴールデンウイークが明けると、「五月病」の季節がやってくる。憂鬱、不眠、食欲不振などの症状が出るあなたは、「うつ病予備軍」かもしれません。

 このうつ病を未然に防ぐ方法はないかと探してみると、新宿溝口クリニック院長の溝口徹医師が提唱する「栄養療法」に行き当たった。

 溝口医師の説明を聞こう。

 「うつ病は『心の風邪』ともいわれています。風邪をひいたときは栄養を取って休むように、うつ病も必要な栄養を取ることで予防や症状の改善が図れるのです」

 では、具体的にどんな食事をすれば、うつへの耐性を高められるのだろうか。管理栄養士の大柳珠美さんは次のように話す。

 「外で働いていると、お昼は外食になりがちですが、丼物やめん類はやめて定食を選び、ご飯やパンは初めから断りましょう。付け合せのフライドポテトやコーンも糖質が多いので残します。代わりに海藻や鶏肉のサラダ、冷や奴などを足せば、必要な栄養は満たせるし、満足感も得られます。太り気味でなければ、サラダにはマヨネーズやオリーブオイルをかけてもいい。かつお節やのり、ジャコなどをかけると、たんぱく質やミネラルも効率的に取れてベターです」

 意外だが、夜は居酒屋に繰り出すといいという。

 「居酒屋のつまみには高たんぱくのものが多くあります。天ぷらや豚カツなど衣の厚い揚げ物や、ポテトサラダや肉じゃがなど芋料理以外は、何を頼んでも大丈夫です。シメはおにぎりやお茶漬け、ピザやパスタなど炭水化物ではなく、シジミ汁などの汁物にしましょう。お酒は糖質を含むビール、日本酒、カクテル以外の、焼酎やウイスキーなど蒸留酒と辛口のワインを楽しんでください。糖質オフのビールもいいですね」(大柳さん)

※週刊朝日 2012年5月4・11日号
                         ◇=◇=◇

 うつ病のことを『心の風邪』という言い方、なかなか的を射ています。ある精神科の医者が言っていました。「いまどきのこの社会、うつにならないほうがおかしい。うつ(状態も含めて)になる人のほうが正常なのかもしれない」と。これと『心の風邪』を重ね合わせると、早期治療が大事なのかもしれません。

 さあきょうも、いつもの居酒屋に行きましょう。

★脈絡のないきょうの一行
関越バス事故、日雇いで過労運転の可能性が浮上。これはひどい。
未分類 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2012/05/02 [Wed] 08:19:02 » E d i t
 昨日のメーデーは行進中に雨がぱらついたものの、天気はなんとかもってくれました。私たちは代々木公園から原宿駅に出て、明治通りを経て新宿コースを歩きました。この中央メーデーには2万1000人が集まりました。解散後、新宿の居酒屋に入ったら古巣の毎日新聞労組の仲間たちとばったり。奇遇でした。

 ウェブで気になる記事を見つけました。以下。

                       ◇=◇=◇
行革懇、稲盛・古賀氏ら10人起用…7日初会合
読売新聞 4月29日(日)10時33分配信

 政府は28日、岡田副総理の下で有識者が行政改革の方向性を検討する「行政改革懇談会」のメンバーに、稲盛和夫京セラ名誉会長や古賀伸明連合会長ら10人を起用する方針を固めた。

 国家公務員総人件費の削減や、国有資産売却の具体化、規制改革などを議論する。消費税率引き上げに向け、歳出削減を徹底する姿勢を示す狙いがある。5月7日に初会合を開く。

 メンバーは、稲盛、古賀両氏のほか、岡素之(もとゆき)住友商事会長、小幡純子上智大教授、葛西敬之JR東海会長、片山善博前総務相、松井孝典東大名誉教授、茂木友三郎(もぎゆうざぶろう)キッコーマン名誉会長、吉川広和DOWAホールディングス相談役、加藤秀樹行政刷新会議事務局長が内定した。

 懇談会は、1981年に設置され、国鉄分割民営化や電電公社民営化に成果を上げた第2次臨時行政調査会(土光臨調)をモデルとし、政府の行政刷新会議(議長・野田首相)の下部組織として位置づけられている。
                       ◇=◇=◇

 コメントは不要でしょう。「行政改革懇談会」なるもの、早い話し自民党が進めてきた「臨調」ではありませんか。しかもその委員にイナモリだとか、カサイだとかいう強引な首切りをやってきた説明不要の人物を起用しています。

 これは臨調の二番煎じの茶番劇になるのは明らか。それはすなわち、国民いじめがますます強まるということと同義語でもあります。要監視、というところでしょう。

★脈絡のないきょうの一行
相変わらずのアメリカ擦り寄り外交。すでにドジョウなべにされて食われたか。
政治問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2012/05/01 [Tue] 07:45:42 » E d i t
 祝・第83回メーデー。メーデーの起源は、1886年5月1日にアメリカのカナダ職能労働組合連盟が、1日12時間から14時間労働が当たり前だった当時、「第1の8時間は仕事のために、第2の8時間は休息のために、そして残りの8時間は自分たちの好きなことのために」を目標にシカゴで行なわれたもの。

 日本では1920年5月2日の日曜日に第1回が行われ、およそ1万人の労働者が「8時間労働制の実施」「失業の防止」「最低賃金法の制定」などを訴えました。このスローガンが今でも生きていることは驚きです。メーデーは戦時中に中止されましたが、今につづいています。

 このメーデー、私は、今年で連続48回目の参加となります。半分以上を参加したことになりますが、メーデーの生き証人かも(なんちゃって)。

 それはそれとして、前回のつづきです。連合と非連合の実際の組合員数をみてみましょう。これは2011年度の一番新しい数字ですが、全労連・MIC・準中立の3団体と連合の民間組合員を比較してみましょう。3団体は59.2万人、連合は566万人となっています。この比率を53号通牒に当てはめれば、非連合で1人は採用していいことになります。この数に、全労協やナショナルセンターに所属していない労働組合を加えれば、連合独占の根拠はさらに薄まります。

 労使紛争を解決するための労働審判制度(裁判官、労働者側審判員、使用者側審判員の3者で構成)がありますが、この数は最高裁が決めることになっています。この配分は組織数に厳密に比例しています。紛争解決にあたっての委員選出基準が、最高裁と厚労省では違っているのです。

 その不公正任命をただすために、「全国労働委員会民主化対策会議」をつくり運動を広げてきたのは前出のとおりですが、この運動の影響もあり、地方の労働委員会は非連合から選出されるケースが増えています。ナショナルセンターが二つに分かれたときは、非連合の地方労働委員は東京だけでした。しかし、運動によって高知、大阪、長野、宮城、埼玉、千葉、滋賀、京都、神奈川と10都府県に広がっています。

 今年改選に当たって私が新聞労連特別顧問として、この対策会議を代表して〝立候補〟することになりました。労働行政でいえば、中央最低賃金審議会など他の分野でも不公平任命がありますが、それらをただす意味からも、民間担当の中労委委員に非連合から選出させたいと思っています。ご支援をお願いします。

★脈絡のないきょうの一行
日米首脳会談、中国海洋進出にらみ防衛協力を強化(毎日)。喧嘩を売ってどうするつもりか。