FC2ブログ
ヘボやんの独り言
11« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»01
2009/12/21 [Mon] 13:55:59 » E d i t
 1997年8月5日、前線が日本列島に横たわり全国的に天気は崩れ、中国地方で災害が発生していました。8月としては多い雨量で、地球の温暖化が影響しているのではないかという心配もありました。当初の予定は飯豊山(いいでさん)アタックでしたが、天気の崩れで予定を変更しこの山にした次第です。

 天気の様子を見るために普段より遅く自宅をスタート、白根山ロープウェイの山頂駅に着いたのは午後1時半を回っていました。この山、03年7月にも登りましたが、今回はロープウェイまで車の乗り入れはできなくなっており、国道沿いの大駐車場から歩きました。歩き始める時点で雨は上がっていましたが、強い風とガスが立ち込めていました。

 登山道は整備されており、木道を歩きます。その木道が終わり、土肌の道を登りきったら突然視界が開け、「から釜」が目に飛び込んできました。字のごとく大きなお釜の形をしたくぼみがあります。その縁をなぞるように進むとコマクサの群落に出会いました。地元の山岳会や観光協会が、丹精こめてこのコマクサを育てているそうで、しっかりしています。コマクサの群落は、短時間歩くだけで見ることができる場所としては、ここが一番かもしれません。ちなみに、車から降りてすぐに見られるコマクサは、蔵王山に行く途中の「コマクサ平」にあります。

 群落には出会いましたが、残念ながらコマクサはピークを過ぎており、その余韻を楽しませてもらうにとどまりました。この道の最高地点には、2,150㍍と表示してあり本当の頂には行けないようにしているようです。恐らく自然保護の関係でしょう。下山はピストンではなく、お釜を一周する道を選びました。下山して間もなく雨が降り出しました。車の中で天気情報を聞いてみますと、翌日は上がりそうな気配だというので、予定していた苗場山へ向いました。苗場山は、すでに報告したとおりです。

*徒歩総時間・1時間30分
ロープウェイ駐車場(14:00)-山頂(14:40)-ロープウェイ駐車場(15:30)

★脈絡のないきょうの一行
後期医療導入後、健診率が急落。このままでは次のデータは「寿命が短くなった」だ。
スポンサーサイト