FC2ブログ
ヘボやんの独り言
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
2009/09/09 [Wed] 15:38:15 » E d i t
 総選挙の開票後、わたしはこの結果を「平成維新」と記しました(8月31日)。この問題、少し掘り下げてみたくなりました。

 維新=①物事が改まって新しくなること。政治の体制が一新され改まること。②明治維新の略。(広辞苑)――ということになります。この意味からみれば、今回の選挙によって自民党政権から民主党政権に政治体制が変わった(一新された)わけですから、「維新」と呼ぶのが妥当のようです。

 維新と同じような意味を備えた言葉で「革命」があります。これはどういうことを指すのでしょうか。広辞苑は(①②は略)「③イ・従来の被支配者階級が支配階級から国家権力を奪い、社会組織を急激に変革すること。ロ・急激な変革。ある状態が急激に発展、変動すること。」となっています。言い換えれば、政治体制が変わるという意味では双方同じですが、激変が「革命」で、そうでもない緩やかな変化を「維新」と理解してもいいのではないでしょうか。その立場から見ても、今回の選挙結果は「維新」と言えましょう。

 それを前提にここで考えたいのは、明治維新と今回の平成維新の違いです。すでに大方はお分かりだと思いますが、明治維新の場合は薩・長・土・肥をはじめとした地方藩の権力者が中心になって起こしたものでした。維新の三傑といわれるのは、西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允のことですが、彼らは薩摩藩と長州藩の重臣であり現代でいう体制側、つまり力を持った地方官僚というところでしょう。

 ところが今回の維新は、(多くが被支配者側の)国民が国会議員を選ぶという憲法に基づいた手法で起きたもので、明治維新とはその原動力と質が違います。ここが大きなポイントだと思うのです。維新の起こし方が明治維新の場合は地方権力が主軸で、平成維新は国民・大衆によってなされたものと考えられそうです。50年ほど後の歴史学者が今回の政変をどう表現するか、興味のあるところです。(次回につづく)

★脈絡のないきょうの一行
外交、中でも沖縄問題の扱いで民主党と社民党に温度差あり。がんばれ社民党。
スポンサーサイト



政治問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △