ヘボやんの独り言
10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
2008/11/28 [Fri] 12:50:36 » E d i t
 久しぶりの百名山の報告です。

 02年8月8、9日にチャレンジしました。早朝3時に家を出て、前年、月山に行ったときと同じ東北道・山形道のルートを走り、月山インターで降りて南下し林道に入って日暮沢まで進みスタートしました。この山の山頂は山形県になりますが、新潟県境がすぐ近くにあります。朝日岳は小朝日岳、大朝日岳、西朝日岳の総称ですが、一番高いのは名のとおり大朝日岳となっています。

 天気は上々でした。日暮沢に無人の小屋がありそのそばに車を止めて、林道をどん詰まりまで歩き、山道に取りつきました。暑い。風もなく加えてこの日に泊まる朝日小屋は自炊であることから、食料と寝具の入ったザックの重みが肩に食い込みます。沢と別れたあと、急登がつづきます。それをじっとガマンしてひたすら歩を進めます。「前へ進めば、目的地に着く」と自分に言い聞かせながら、とにかく前進です。

 古寺鉱泉からの分岐まで来ると、第1関門突破です。今度は次の目標である古寺(こでら)山をめざしました。途中、自分が持っている古い地図には出ていない水場(三沢清水)があり、これには救われる思いでたっぷりいただきました。冷たくてうまい!

 古寺山の山頂に立つと、小朝日岳が眼前にそそり立っています。今度はそこに向けて前進です。古寺山あたりから高木はなくなり、強まる日射しは容赦してくれません。これは厳しいと、小朝日岳の山頂はパスさせてもらい、巻き道をとりましたがおやおやと思うほど下っていきます。しかも鞍部まで下りてまた登り返す。これは精神的には疲れます。(次回につづく)

★脈絡のない今日の一行
「寿司は卵から食べて、卵で終われ」と聞いたことがある。これには理由がある。
スポンサーサイト
2008/11/26 [Wed] 12:33:01 » E d i t
 11月23日、毎日新聞の「時代の風」という連載欄に精神科医の斎藤環さんが一文を寄せておられる。「失言と報道の責任」として麻生総理大臣の言葉を取り上げています。アソタロさんの「(医師には)社会的常識がかなり欠落している人が多い」というあの発言問題がテーマです。

 斎藤さんは、苦しいなかで医療の最先端を支えてきた医師たちから、「総理の発言で心が折れた」として医療の現場から撤退したいという声が聞かれると嘆いています。この気持ち、社会的常識がかなり欠落している(と思う)私にでも分かります。一国の代表者から、ここまで蔑(さげす)まれた言い方をされたのでは、気力が萎えるのも当然だと思うからです。言葉は使い方によっては、計り知れないほど相手を傷つける暴力化することもあります。

 斎藤さんはさらに、その(失言の)背景にマスコミの偏向報道もあると厳しく指摘します。たとえば、急患の「受け入れ拒否」という表現。これは『拒否』ではなく『不能』に原因があるとしながら「これらの言葉がいかに先入観と偏見に満ちたものであるかは、一線で働く医師に丁寧な取材を繰り返せば容易に分かることだ」と述べ、報道に携わる人々に自戒を促しています。まさにそのとおりだと思います。

 元厚生省事務次官の連続殺傷事件の犯人らしき男が自首しました。もしこの男が犯人だったら、「連続テロだ」と大騒ぎしたテレビ局の責任はどうなるのでしょうか。きっと知らん振りなのでしょう。恐らく何の痛痒も感じていないのでしょうが、無駄だと分かっていてもその無責任ぶりに警鐘を乱打したいものです。

★脈絡のない今日の一行
金時山で5月6日頃の夕、本栖湖の竜ヶ岳山頂で12月30日頃の朝、ダイヤモンド富士が見られる。

10140 懺悔の小市民 
2008/11/21 [Fri] 13:01:43 » E d i t
 のっけから、告白と懺悔です。先月の10日午前、山陽道の岡山市に入る手前であのオービスに撮影されました。制限速度が80㌔であることに気づかず、つい気を緩めてしまい120㌔のスピードを出していたのです。その現場からしばらく進んだところにパトカーが待ち構えていて、「前の車の運転手さん、お聞きしたいことがありますので(もともと降りる予定の)次のインターで降りてください」と案内されました。

 インターチェンジ内の建物に入って調書を取られる段階で、手早くもすでに撮られた写真が出来上がっていました。助手席の人も、運転する私のカオもしっかり写っていました。「43㌔オーバーです」と事務的に告げられ、取られた調書にサインしてご赦免となりました。

 そして先週、墨田区錦糸町の「東京区検察庁道路交通部」から呼び出し状が届きました。それを持って先日、その区検を訪ねました。まず検察官に面接し、調書を確認され簡易裁判に同意する旨の書類にハンコを押して、待合室でしばらくウェイティング。私以外にも同様の人が10人ほどいました。今度は裁判所の係官との〝面会〟です。受付番号が告げられ、私の番です。カウンター越しに「罰金6万円になります」とこれも事務的です。

 その書類を持って、次は会計窓口へ移動して準備してきたお金を支払いました。法的には40㌔台のスピード違反は10万円以下の罰金です。それが6万円で済んだことに何故か、ほっとしました。小市民ですね。これで、刑事処分は一段落ですが来週は行政処分が待っています。免停30日の通知がきており、この解決のために府中の自動車運転免許場に出向いて講習を受けなければなりません。スピード違反はいけません。再度、懺悔。

★脈絡のない今日の一行
「問題意識」と「課題意識」の違いを分かる人は、かなりの哲学者です。
未分類 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
10139 ネーミング 
2008/11/20 [Thu] 10:56:56 » E d i t
 このテーマ、ちょっとはまってしまいました。一昨日の元厚生事務次官宅が連続して襲われた事件について、とりわけテレビがひどいと思うのですがテロ扱い報道が目に余るからです。「テロ事件」と断定的にいう局(コメンテーター)もあり、国民を誤誘導しているのではないかという疑念を持っています。

 今回の事件に関するテロ発言は、警察から出ています。警察は必ず自分たちに有利な方向に持っていこうとすることは、知られているとおりです。それを鵜呑みにしてたれ流すその姿勢を批判せざるをえません。「連続テロ事件」というネーミングは明らかに誤りです。

 さすがにこの問題で新聞社は冷静です。私が調査したのは、朝日、毎日、讀賣の3紙だけですが、事件そのものについてテロ扱いはしていません。警察がテロの可能性がある、と言っていることを引用しながら、「そうであったら許しがたい」という論評にとどまっています。犯人像すら分からない現段階で、この扱いは見識です。

 このように、一つの出来事なり物事に名前をつけるとき、安易であってはなりません。なぜなら、名前によって人々の心や対応に少なからず影響するからです。そんな立場からも、先の「非」正規雇用労働者のネーミングについて考えてみたいと思っています。スミマセン、しつこくって。

★脈絡のない今日の一行
要求と欲求は違う。履き違えないようにしなければ……。
2008/11/19 [Wed] 16:55:04 » E d i t
 前回ブログにyasuさんからコメントをいただきました。ネーミングの難しさに〝賛同〟いただけたようです。報道機関ではこの問題について、一種の競争みたいなものがあります。「阪神淡路大震災」のネーミングは毎日新聞が抜きましたし、今では当たり前のように使われる「ネットカフェ難民」は日本テレビでした。

 これは毎日新聞の社会部出身の先輩から聞いた話しですが、中国の「残留孤児」という表現は、毎日新聞が最初だったそうです。古い話しですが、警職法(警察官職務執行法)の制定反対闘争では、「オイコラ警官反対」というスローガンが生まれ、運動が盛り上がったといいます。最近では、国民投票法について「戦争法だ」という言い方で、運動が前進しました。

 さらに、ホワイトカラー・エグゼンプションも「ただ働き法」という分かりやすい言い方になりました。分かりやすくするということは、運動を進める上で重要な役割を持ちます。「非正規」労働者も何とかしたいのですが、難しいですね。

 この問題を考える上で分かっているのは、「雇用」とか「労働」とか「仕事」などの言葉の概念にとらわれず、思い切ってイメージを展開することです。そうすれば、少しは見えてくると思うのですが、ボキャ不足で熟語が出てきません。山登りをして、温泉にでも入ってゆったりしたら何か思いつくかもしれません。引き続いてお知恵拝借。

★脈絡のない今日の一行
要求とは生活実態に根ざしたものでありかつ、大衆から支持されるものでなければならない。
10137 言葉の使い方 
2008/11/17 [Mon] 11:35:24 » E d i t
 昨日、東京地評が主催する「労働者の権利討論集会」に参加しました。終日、分科会などを開き論議されましたが、私は午後に予定が入っており、午前中の記念講演だけ聞きにいきました。記念講演の講師は「非『正規』労働者をめぐる労働法の課題」と題して、中央大学法科大学院教授の山田省三さん。実は彼、私の高校時代の同級生なのです。

 山田クンは、中央大学法学部の教鞭をとり、すでに弁護士資格を得ています。労働法学界の事務局長を務めたこともあり、10年ほど前でしたか労働法制の改悪案が国会に上程されたとき、反対の立場で参考人として意見を述べたこともあります。その意味では、労働法問題では権威者の一人です。

 昔ながらの早口で話は進みました。さすがは学者、よく整理されていました。1時間半という時間があっという間でした。講演の中で彼が提起した一言は私も同感で、考えてみたいものです。「非正規、という言葉に引っかかります。ほかに表現の方法がないでしょうか」というのがそれです。

 この表現、私も引っかかっています。なんとなく「正規」と比べ格落ち的で差別的なニオイがするからです。「正規に非(あら)ず」ということでしょうが、気になります。ご意見ください。事のついでにもう一つ。組合間差別を論議するとき、「潮流」という言葉が使われますが、これも引っかかります。是非、ご意見を。

★脈絡のない今日の一行
平行線は無限大で交わる。
未分類 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
10136 嬉しい予感 
2008/11/14 [Fri] 10:43:03 » E d i t
 「予感」という言葉はいい意味では使われません。「事をあらかじめ暗示的に感じること。虫の知らせ」(広辞苑)。しかしこの予感は逆意味的で、嬉しいものです。

 それは何か。そうです。私の第六感に「二度あることは三度ある」というナニが起きそうな気配を感じるからです。安倍くん、福田クンに続いて麻生クンも政権を投げ出すのではないかという、予感です。

 定額給付金という、〝おひねり〟を国民に分け与えるという施策は、その実施を地方自治体に丸投げし猛反発を喰らっています。昨日の全国市長会がそれですが、政府のやり方は確かにひどいものです。保守系の市長も反発していますから、これは自民党にとって打撃です。すでにもう、麻生クンは行き詰まっています。

 政権を投げ出すのであれば、早くしてほしいものです。来週、給油延長法案が参議院で否決され、衆議院で再議決し成立させられそうです。そこで提案ですが、来週月曜日くらいに投げ出しと解散・総選挙表明というのはどうでしょうか。するとあの法案は廃案になりますし、じっくり議論できるというものです。嬉しい予感が当たるといいですね。

★脈絡のない今日の一行
10㍍のところに1㍍おきに木を植えた場合、直線は11本、円の場合は10本ですむ。
政治問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2008/11/12 [Wed] 13:11:39 » E d i t
 前回、悪いことがおきる記念日にならなければいいがという不安を書きましたが、昨日国会で行われた前航空幕僚長の参考人質問は、杞憂ではなかったという観を強くしました。論文応募について「私が指示すれば1000は集まる」という発言がその一つです。

 田母神氏のこの証言は、自衛隊員の教育がシビリアンコントロール(文民統制)に抵触し、加えて公務員や政治家は憲法を遵守しなければならないという憲法99条違反という、二重、三重の違法行為を繰り返していたことを裏づけました。閉ざされた自衛隊の中が垣間見えたということになりますが、これは放置しておけない危険な兆候です。間違った歴史観や〝道徳〟教育を受けた自衛官が大量に原籍しているからです。

 新聞もきょうの社説は「隊内幹部教育の実態究明を」(毎日新聞)、「田母神氏だけなのか心配だ」(日経新聞)と、自衛隊の教育のあり方に疑問を提起しています。歴史を歪めるということは、視点を変えれば歴史を否定することです。そういう人たちが武器を持っていることに恐怖感を抱くのは私だけでしょうか。

 それにつけても、「沖縄戦において住民の集団自決に軍の関与はなかった」とするあの人たちと、今回の件はしっかりオーバーラップします。これらが仕組まれた戦前回帰の動きでなければいいのだが、と、不安感を募らせるのは私だけでしょうか。

★脈絡のない今日の一行
現在とは、過ぎ去った過去と来るべき未来の接点である。
10134 記念日 
2008/11/10 [Mon] 11:54:05 » E d i t
 先月10月の最後の週はいろいろありました。アソタロさんの追加経済対策の発表、航空幕僚長の更迭、沖縄戦集団自決に関する大江・岩波裁判の大阪高裁判決、株価の暴落など政治、経済の大きな動きがありました。

 そういうなかで一つだけ、わが家でもささやかな出来事がありました。29日の結婚記念日がそれです。今年で36回目になりました。よくぞもったものです(ナンチャッテ)。ひたすらカミさんに感謝です。子どもは二人とも未婚ですが、うちを出て独立して暮らしており、元気です。

 カミさんとの出会いのきっかけは、平和と民主主義を守る運動でした。彼女とは1970年の日米安保条約廃棄のたたかいのなかで知り合ったのです。〝職権乱用〟気味ですが、あの闘争がなかったら私たちの結婚もなかったでしょう。その意味では「安保」に感謝、です。

 田母神航空幕僚長は、定年退職扱いとなり(返還を迫られていますが)退職金つきで更迭され、アソタロさんも麻生内閣崩壊の始まりの「記念日」となったかもしれません。しかし、「そういえば、あの日が始まりだった」などの、悪いことが起きることの記念日になることだけは、ご免蒙りたいものです。

★脈絡のない今日の一行
色の三原色は混ぜ合わせると黒になるが、光の三原色を混ぜ合わせると白になる。
未分類 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
10133 どこか変③ 
2008/11/07 [Fri] 10:06:48 » E d i t
 すでにお気づきのように「麻生内閣メールマガジン第5号」は、先月30日にアソタロさんが『追加経済対策』で発表したものを掲載しています。これはもうはっきり言って、ご当人がどんなに否定しても「ばらまき」そのものです。

 平均6万円の支給金、高速道路の割引拡大、中小零細企業の融資枠増など、ばら色です。が、3年後には消費税を上げる、というのですから数倍、いや数十倍の回収を図ることになります。真の意味で国民のくらしを考えるのなら、(とりあえず期間限定でもいいから)消費税をなくすことです。そうすれば年間の消費税分の17万5000円をくらしに当てることができます。こちらのほうがよほどありがたいし、国民の財布の紐は解かれます。高速道路代金の扱いもみみっちい。いっそのこと無料にすればいいのです。この「経済追加対策」は、やはり「選挙対策」にしか見えません。

 そういえば、消費税増税という重要な財政問題を「経済対策」という名で発表したことが気にかかります。どこかに逃げ道をつくるための作為のような気がしてならないからです。本来なら「マニフェスト」に掲げるべきテーマではないのでしょうか。杞憂であればいいのですが。

★脈絡のない今日の一行
情勢とは、敵と味方の力関係の到達点のことをいう。
政治問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
10132 どこか変② 
2008/11/06 [Thu] 16:19:58 » E d i t
 前回の続きです。メルマガは財源問題で以下のように言っています。(○数字は筆者)

                            ◇=◇

 ①財源については、赤字公債を出さずに手当します。しかし、日本の財政は、依然として大幅な赤字であり、今後、社会保障費も増加します。この点について、皆さん、大きな不安をお持ちのことと思います。

 ②私は、歳入・歳出についての方針、財政の中期プログラムを年内に取りまとめ、皆さんの前にお示しします。その基本的な考え方として、景気が回復するまでは、減税を時限的に実施します。まず、景気を回復させることが最優先。そして、経済状況が好転した後に、安心な社会保障のため、消費税を含む税制の抜本的改革を行います。

 ③具体的には、政府・霞が関のムダを無くすことを大前提に、経済状況を見た上で、3年後に消費税の引き上げをお願いしたいと考えています。中福祉でありながら、低負担を続けることはできません。増税は、誰だって嫌なこと。しかし、多くの借金をこども達に残していくということもあってはなりません。

                            ◇=◇

 財源は結局、消費税増税であり痛みを国民に押し付けるものです。「霞ヶ関のムダを無くす」は、公務員を減らす、と同義語であり、「中福祉でありながら、低負担を続けることはできません」にいたっては、恫喝です。最大のムダは、軍事費や政党助成金であり、最大の財源は大企業への不公平税制の是正だと思うのですが、それらには一切触れていません。やはり変です。(次回につづく)

★脈絡のない今日の一行
地球の猛スピードのせいだろうか、ときどきクラクラすることがある(本当は二日酔い)。
政治問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
10131 どこか変① 
2008/11/06 [Thu] 11:31:16 » E d i t
 今朝、わが家に「麻生内閣メールマガジン第5号」が届きました。ウォッチングの必要性から登録しているわけですが、本日分は紹介したいと思います。概略は以下のようになります。(○数字は筆者))

                          ◇=◇

 ①まず、ご家庭への緊急支援として、2兆円規模の給付金を実施します。4人家族で約6万円。できるだけ早くご家庭に届くようにします。雇用保険料も引き下げます。働く人の手取り金額を増やさねばなりません。年長フリーター、ロスト・ジェネレーションの方々の正規雇用化も支援します。

 ②これから年末にかけて、中小零細企業の資金繰りを万全のものとすべく、補正予算で措置した9兆円の融資と保証を、30兆円まで拡大します。

 ③高速道路料金を大幅に引き下げ、地方の底力を発揮できるようにします。休日は、どこまで行っても最高千円。平日は昼間も3割引にします。道路特定財源の一般財源化に際しても、1兆円を地方が自由に使えるようにします。

 ④これらの対策を、すみやかに、できるものから実施していきます。

                           ◇=◇

 ここまでは何となくまともですが、財源問題になるとトーンが落ちます。(次回につづく)

★脈絡のない今日の一行
われわれは、「公転速度30㎞×自転速度360m」/秒の超スピードで宇宙旅行をしている。

政治問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
10130 数字のまやかし 
2008/11/05 [Wed] 14:08:24 » E d i t
 アソタロさんが10月30日に「追加経済対策」とかいうものを発表した翌日、朝の某テレビ・ワイドショーのレギュラーコメンテーターが変な数字を出して、消費税を上げて福祉に回せばいいじゃないかと言っていました。例として年収300万円の人と3000万円の人を、消費税が20%になったことを前提にして比較していました。

 その説明に私はあ然としました。消費税額は年収300万の人は60万円、3000万の人は600万円を払うことになる。従って高所得者から高額の消費税を徴収することになるから、それを低所得者に回せばいい――という論理だったからです。

 これは数字のまやかし。国民の消費(額)は所得と比例していません。年収300万円の人は確かにその全てを消費税の発生する生活費に当てなくてはなりませんから、そういう計算は成り立つでしょう。しかし、3000万円の人はそれを全て生活費に当てることはあり得ないのです。このコメンテーター、通常の税(率)と消費税の性格の違いが分かっておらず、久しぶりにムカッときました。

 ちなみに、現在の消費税率5%で標準4人家族の場合、消費税負担額は年間17万5000円というデータが出ています。これを20%にしたらその4倍となりますから、70万円にはね上がります。年収300万しかない家族は、残りの230万円で暮らせるでしょうか。15分間の「庶民スーパー視察」だけでなく、アソタロさんに実際にやってもらいたいものです。

★脈絡のない今日の一行
日本あたりで、地球の自転速度は360m/秒。 音速340m/秒より早い。
10129 サルじゃないぞ! 
2008/11/04 [Tue] 09:58:01 » E d i t
 【朝三暮四(ちょうさんぼし)】猿にトチの実を朝に3つ、暮れに4つ与えると言ったら怒り出したので、朝に4つ暮れに3つやると言ったら猿が喜んだという。狙公橡を賦る。(大辞林)

 つい3ヶ月ほど前の首相は、原油の高騰を理由としたガソリン代値上げのとき「車が減って、環境にいい」などとうそぶきました。今度の首相は「追加経済対策」とやらで、土、休日にそれもマイカーに限り、高速代金を一律1000円にする、と言い出しました。車が増えて、環境に悪いのではありませんか。

 しかも、3年後に消費税を上げることとセットだといいます。これはもう、典型的な朝三暮四です。アソタロ(麻生太郎の略称)さん、国民のことをサルだと思っているのではないでしょうか。それともまさか、総選挙向けの人気取り策ではないでしょうネ。だとしたら、国家予算を利用した空前絶後の買収・選挙違反行為となりますぞ。サル(失礼)いや、国民を愚弄するその手法、とっくにバレバレです。

★脈絡のない今日の一行
地球は、(公転速度)30㎞/秒で宇宙空間を飛んでいる。早い!
政治問題 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △