FC2ブログ
ヘボやんの独り言
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
2008/05/30 [Fri] 09:21:11 » E d i t
 今ではほとんど使われていませんが、かつてはマスコミ関係組合の闘争スローガンの中に「客観報道を貫こう」「真実の報道を守ろう」というものがありました。確かにこれらの表現は耳ざわりがいいのですが、少し深めて考えてみると、おや、ということに気づきます。松岡英夫さんの指摘どおり、報道は送り手側の主観が間違いなく入るのです。真実の報道を守ろう、というスローガンも、マスコミはそれまで真実を守ってきたのか、という疑問にぶつからざるをえません(でした)。

 そういう疑問を議論するなかで1975年頃から始まった、毎日新聞労組の再建闘争のなかから「真実の報道を貫こう」というスローガンが誕生しました。「貫こう」という言い方は、『真実の報道』を主体的に自らの課題としたことになり、ここに大きな意味がありました。このスローガンは新聞労連をはじめ、マスコミ関連労働組合の運動として今に引き継がれています。蛇足ですが、15年ほど前でしたか、新聞労連に「ジャーナリズムの復権」というスローガンが立てられたことがありました。これは、「復権すべきジャーナリズムはかつてあったのか」という疑問とともに、ゆるやかに消えていきました。

 話しを「報道は主観によって成り立っている」という問題にもどしましょう。4月14日夜、日本MIC、JCJ(日本ジャーナリスト会議)の呼びかけにより水道橋・全水道会館で映画「靖国」の上映妨害、言論弾圧問題についての緊急シンポジウムが開かれました。緊急の取り組みであったにもかかわらず230人も集まり、しかも若い人がたくさんいたことに元気づけられました。ちょっと遅れた私は会場の外で話を聞くことになりました。

 シンポの報告者の一人、映画監督・ドキュメンタリー作家の森達也さんの話しは、ドキュメンタリーづくりに関するものでしたが、前出、松岡英夫さんの「ジャーナリズムは主観によって成り立っている」という言葉とオーバーラップし興味を持って聞きました。(次回につづく)
スポンサーサイト