ヘボやんの独り言
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
11283 今年登った山々 
2015/12/31 [Thu] 20:16:53 » E d i t
 ▼1月/足和田山、谷川・天神山▼2月/宝登(ほど)山、高尾山▼3月/景信山▼4月/霧ヶ峰・車山、高尾山▼5月/御在所岳、日向(ひなた)山▼6月/御巣鷹の尾根▼7月/御前山▼8月/ハンゼの頭、小楢山▼9月/高尾山、八海山▼10月/御巣鷹の尾根、瑞牆(みずがき)山(撤退)、戸隠神社奥社▼11月/高尾山▼12月/本栖湖・パノラマ台

 以上が今年登った山々だ。日向山と八海山は前回紹介したので省くが、いくつか印象的だったものを紹介しよう。

 あの日航機墜落事故から30年目ということもあり、御巣鷹の尾根に初めて登った。1回目は一人で、2回目は集団で。登山道は整備されており、ゆっくり歩いて往復2時間。520人のいのちをのみこんだこの尾根。その経営者が、165人の解雇を強行してきょうで丸5年。

 懲りもせず、「人」を軽視する経営者である。解雇された仲間たちは、この墜落事故を教訓に「安全」を叫んだ。しかし経営者は「利益なくして安全なし」を金科玉条のごとく問答無用で解雇、裁判所もそれを追認した。それでも仲間たちは怯まない。歴史が繰り返されないことを願うだけだ。

 高尾山は今年一番多く4回登っている。すっかり〝ホームグランド〟になった。11月は山頂から大垂水峠に下って、南高尾と呼ばれる大洞山に登った。途中、道を間違い7時間の行程になった。これはこれで楽しかった。

 戸隠神社は、カミさんと一緒に歩いた。最近は年に1回になったが、行ったことのないところを旅行地にしている。奥社入口の駐車場に車を止めて、往復2時間半のんびり歩いた。参道の両脇に植えられた樹齢400年という杉は立派だった。帰りに買ったリンゴは、本場の長野県らしく美味しかった。

 谷川・天神山は天神平スキー場の端の雪のカベを必死に歩いた。一歩進むと半歩下がる。道をそれると腰まで雪にまみれる。それでも登山者の数は多い。そのほとんどが、天神山ではなく谷川岳の山頂をめざしていた。

 今年最後は、久しぶりに富士山を見たいと思いパノラマ台に登った。いつもは精進湖側から取り付くのだが、今回は南側の本栖湖側からとした。こちらは南側に面しており、雪は残っておらず登りやすい。急登に息を切らせ汗を流す。山頂からの富士は、太陽か右手から射して光っていた。

 最近、めっきり体力を落とし高い山は困難になった。体重が増えて重くなったことも一つだが、年齢も原因である。それゆえに、無理をしないことを旨とすることにした。10月の瑞牆山は途中まで歩いたものの、息苦しくなってきた。そのうち慣れるだろうと思ったが整わず、撤退。ちょっと悔しかった。

 来年も元気に登りつづけたい。あと4時間足らずで2016年。「平和を取り戻す」年にしたい。

★脈絡のないきょうの一行
新成人、推計121万人。前年より5万人減(総務省統計局)。傾向はつづく。

スポンサーサイト
山の閑話 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2015/12/31 [Thu] 15:56:23 » E d i t
 今年は延べ19回山に登った。そのなかで忘れられないのは5月の日向山だ。娘とその友人、吉村尚紀君との3人旅だった。山頂の白い砂礫はまるで海辺のようで、ビーチボールを持ってきた若者2人は、ボールのやりとりに興じていた。甲斐駒ヶ岳とその反対側には八ヶ岳が聳えていた。

 この山行が吉村君と一緒に歩く最後になるとは想像もしなかった。彼は7月、八海山の不動岳(正確には不動岳と七曜岳の間)で滑落、30歳という若さで鬼籍に入った。信じられなかった。同行者に経過を詳しく聞いた。(詳細は7月22、24日の小ブログ)

 9月、その八海山にチャレンジした。1日だけしか休みが取れず、山小屋泊まりがかなわなかった娘は、事件の時お世話になった山小屋まで行ってお礼を述べて下山した。私と同行の鋤柄さんは小屋に泊まり、翌日、滑落した現地を訪ねた。

 この山は2004年9月に今回同様、鋤柄さんと登っている。そのときは吉村君が滑落した鎖場コースではなく反対側を歩き、八海山の最高峰・入道岳をピストンしている。その意味では2度目の八海山だが、鎖場を歩くのは初めてだ。

 小屋を後にして間もなく長い鎖場に取り付く。これをクリアすると稜線に出る。コースを少し戻るとまず地蔵岳だ。そこから小さな鞍部をはさんだ向こう側が、不動岳である。不動岳の山頂には、お不動さんだろうかいくつかの像が立っていた。そこには鉄製の花瓶も備えてあり、持参した花をそこに供えて、手を合わせる。事故現場はここから急な鎖場を下って、鞍部から少し登った場所である。

 前日、小雨が降り岩場が濡れていたため、その鎖場を下るのは危険と判断、不動岳山頂から現場付近の様子を見ることにした。しばらくして5人のパーティーがその現場を通った。見ているとそこをまたぐようにして通過している。中には後ろ向きで渡る人もいる。

 その様子を見ていて原因が想定できた。間違いなく、彼は踏み外したのだ。その現場の写真は吉村君と一緒に歩いていた人から事前にもらっていた。そこは少しえぐれている。そのえぐれに気づかずに彼は踏み外したのではなかろうか。

 原因らしきものが分かったとしても、彼が戻ってくることはない。仲間たちからは信頼され、平和でなければ登山はできない、と「超平和登山部」なるものをつくり、周りを山に誘っていた。娘も誘われた一人だが、面倒見のいい若者であった。

 彼が八海山に登るという1ヶ月ほど前、池袋の居酒屋で飲んだ。そのとき「今度、八海山にチャレンジします」と語っていた。私はあの山は危険だから、十分気を付けるようにとアドバイスした。が、それは実らなかった。あのときのあの時間まで、巻き戻しがきくのであればそう願いたい。

 さようなら、吉村君。優しさをありがとう。

★脈絡のないきょうの一行
株価乱高下の1年。「三本の矢」の失速をはじめとした経済の不安定さの証明でもある。

山の閑話 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2015/08/25 [Tue] 11:39:07 » E d i t
 23日、毎日新聞がウェブで北アルプス鹿島槍ヶ岳の「カクネ里雪渓」が氷河である可能性が高まったことを報じている。そのさわりを紹介しよう。

 「長野・富山県境の北アルプス鹿島槍ケ岳(2899メートル)の北東面にある『カクネ里雪渓』(長野県大町市)は氷河の可能性があるとして、市立大町山岳博物館や信州大などの学術調査団が26日にも現地入りする。調査団は『雪渓内部に氷体(氷の塊)があり、可能性は高い』とみて、氷河の条件となる氷体の流動などを調べる。現存の氷河と確認されれば、国内では北アの剱岳・立山連峰(富山県)の3氷河に続いて4カ所目、県内では初となり、関係者の期待が高まっている。【武田博仁】」。

 記事中にあるすでに氷河として認定されているのは、剱岳の三ノ窓雪渓と小窓雪渓、立山の御前沢雪渓に存在する「三ノ窓氷河」「小窓氷河」「御前沢氷河」である。これは2012年4月に日本雪氷学会が発表したもので、意外に新しい。

 なぜか。それらは氷河ではないかという説はあったものの、確証が得られなかったためだ。ところがGPSの精密化によってそれが立証されたというわけだ。それでは氷河の定義は何かというと、「①陸上に堆積した越年性の巨大な氷体で、重力によって流動するもの。南極やグリーンランドをおおう大陸氷河(氷床)と、アルプスやヒマラヤなどの雪線より高いところにある万年雪が圧縮されて固い氷となり低地へ徐々に流れ出す山岳氷河とがある。グレーシャー。②凍った川。」(大辞林)――ということになる。

 つまり、氷が主人公である。それに比べて雪渓は「①雪でうずまった谷。②冬に降り積もった雪が、夏でも解けないで残っている,高山の雪塊。」(同上)ということになる。氷河との違いは、主人公が氷か雪かであると考えればいいだろう。

 氷河は、ヒマラヤや北アメリカのマッキンリーなどの山々の〝特権的自然〟だと思っていたが、実は日本にも存在しているのである。正直なところ、私は今回の報道を目にするまでその存在を知らなかった。恥ずかしい限りだが、実にロマンではないか。

 今回調査される鹿島槍ヶ岳は2002年9月に登ったことがある。山頂(南峰)から「八峰キレット」と呼ばれる難所が出現する。私は厳しいこの登山道を自らの登山記録に、「磊磊落落」(らいらいらくらく)と書いてしまった。とにかく土が見えない。気の抜けない岩場の連続だ。泊まるキレット小屋に到着したときはほっとしたものである。

 この小屋で忘れられないのは、翌朝、五竜岳に登るために暗いうちから出発する関係で朝食として弁当を作ってもらったが、なんとこれがウナギ弁当だったことだ。実に旨かった。ここで言いたいのは、この弁当ではなく氷河ではないかと考えられる「カクネ里雪渓」は、この小屋の真東に存在していることだ。それだけ山深いところにあることになる。この雪渓が氷河として認定されれば、地元もそうであるが日本の自然に厚みが加わり、楽しみが一つ増える。

★脈絡のないきょうの一行
想定どおりだが、株価の下落が止まらない。政府の下支えも限界で経済動向に目が離せない。

山の閑話 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
11224 24年目が始まった 
2015/07/15 [Wed] 12:09:48 » E d i t
 先週、奥多摩の御前山(ごぜんやま)に登った。これで、毎月(1回以上)登山は24年目に入った。自分を自分で褒めているところだが、毎月欠かさず山に登れたことは、健康だったからに他ならない。その履歴を見てみよう。

 ▼1年目/92年7月=武川岳・二子山(秩父)▼2年目/93年7月=大菩薩峠、大菩薩嶺▼3年目/94年7月=奥(日光)白根山▼4年目/95年7月=早池峰山▼5年目/96年7月=蔵王山▼6年目/97年7月=鳳凰三山▼7年目/98年7月=四阿山▼8年目/99年7月=高妻山▼9年目/00年7月=十勝岳・大雪山(旭岳)▼10年目/01年7月=富士山

 ▼11年目/02年7月=樽前山(北海道)▼12年目/03年7月=櫛形山(山梨県)▼13年目/04年7月=利尻山▼14年目/05年7月=羅臼岳、斜里岳、トムラウシ山▼15年目/06年7月=幌尻岳▼16年目/07年7月=沼原(栃木県)▼17年目/08年7月=恵那山、御嶽山▼18年目/09年7月=火打山、妙高山▼19年目/10年7月=早池峰山、姫神山▼20年目/11年7月=霧ヶ峰・車山

 ▼21年目/12年7月=金峰山▼22年目/13年7月=高尾山(奥多摩)▼23年目/14年7月=入笠山(長野県)▼24年目/15年7月=御前山(奥多摩)

 毎月1回は山に登ろうと考えさせてくれたのは、最初の92年の武川岳だ。ごく普通の山である。西武池袋線の飯能駅からバスで1時間ほど揺られ、終点の「名郷」で下車。ここから歩きはじめたのだが、久しぶりの山歩きでへばってしまった。

 途中で飲み水がなくなり、沢の流れを見つけたときはほっとした。ゴール地点の芦ヶ久保駅に着いたときはよれよれだった。自分が情けなくなった。当時はまだ45歳。この年にしてこれではダメだと自分に言い聞かせ、体力づくりを兼ねて月に1度は山登りをしようと帰りの電車の中で決めていた。

 ここから私の山登りの記録が始まったのである。あのとき、苦もなく登っておれば、今回の連続24年目突入は得られなかっただろう。

 7月だけの登山記録は前述のとおりだ。7月だけで2、3回登っている年もあるがそれは一つに絞った。一番多いのは北海道だ。これには訳がある。花が一番きれいな時期であることと、夏休みを前に飛行機代が安いことである。05年の羅臼岳、斜里岳、トムラウシ山の3山一気踏破は忘れられない。温泉も良かった。

 早池峰に2回登っているのは意外だ。これもきっとハヤチネウスユキソウをはじめ花たちに会いに行ったのだろう。09年の火打山・妙高山は厳しかった。このときは2日間、雨の中を無我夢中で歩き通した。

 03年の櫛形山も良かった。山一面のアヤメに目が輝いた。こういう咲き方もあるものかと驚いた。下山した翌日、霧ヶ峰のニッコウキスゲを訪ねた。このときは車山には登らなかったが、櫛形山の紫色に対してこちらは黄色一色。ここでも目を見張った。

 「そもそも武川岳は夏に登る山ではない」と先輩に言われたことがあるが、そのとおりである。厳しかったが結果的にはそれが、私の毎月1回の山登りにつながった。いつまで続けられるか分からないが、しっかり歩きたいと思っている。

★脈絡のないきょうの一行
戦争法の強行採決の動きで、NHKの昼のニュースは冒頭は3分30秒のみ。何考えてるんだ!
山の閑話 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2014/09/17 [Wed] 11:23:22 » E d i t
 千代田区が、路上喫煙禁止の条例を制定したときのキャッチコピーは「マナーからルールへ」だった。このコピー、わたしはいいと思った。路上喫煙禁止を上から目線で取り締まるのではなく、ルールとして定着させようという試みとして評価できると思ったからだ。

 下記のウェブは、マナーもルールもない〝野放し〟状態への警告である。考えてみたい。

                            ◇=◇=◇
富士山に排泄物放置 須走口登山道17カ所「不謹慎」 静岡
産経新聞 9月17日(水)7時55分配信


 世界文化遺産・富士山の登山道で、登山者が捨てたとみられる排泄(はいせつ)物が多数放置されていることが16日、県の調べで分かった。県は環境省に報告し、マナー啓発に力を入れていく。

 県自然保護課によると、夏山シーズンの終了を受け、県が14日に登山道を調査したところ、須走口5~6合目の17カ所で、排泄物が放置されているのを発見。人目のつかない岩陰や草むらの中で、ポリ袋に入っていたり、ティッシュで隠された状態で見つかったという。

 排泄物を回収した同課の平野潤課長は「こんなに不謹慎な人がいるのかと思うと、怒りを通り越して悲しい」と嘆く。同課によれば、気温が低い富士山では、排泄物が分解されずに残ってしまうことが多い。分解されたとしても土の栄養分が高まることで植生が変化し、富士山の景観を損なう可能性がある。

 須走口の登山道は、登山者が歩いて30分~1時間の間隔でトイレが設置してあるといい、平野課長は「環境保全のため、トイレを増やすことは考えていない。最低限のルールを守ってもらうように訴えていくしかない」と話す。

 登山者の屎尿(しにょう)問題をめぐっては、県が微生物で処理分解するバイオトイレの設置を進めてきたが、夜間やトイレが開設されていない時期に、山小屋の裏などで用を足す登山者が後を絶たないという。

 県富士山世界遺産課の小坂寿男課長は「登山者には、山全体が聖域だという自覚を持ってほしい。今後も地道にマナー啓発活動を続けていく」と話した。
                             ◇=◇=◇

  (次回につづく)

★脈絡のないきょうの一行
プロ野球DeNAに女性オーナー誕生へ。プロ野球で女性オーナーは初めてだってね。

山の閑話 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △