FC2ブログ
ヘボやんの独り言
10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2018/03/14 [Wed] 11:52:16 » E d i t
 流氷ツアー報告の途中だが、〝割り込み〟をしたい。国税庁批判だ。昨日は上が上なら下も下、という思いを見せつけられた。「下」の神田税務署を訪ねたときのことだ。

 昨3月13日は1970年からつづく「重税反対統一行動日」だった。今年は、520カ所・10万人が参加したという。千代田春闘共闘は例年、民商のみなさんと一緒に集団申告に同行している。今年もやった。行き先は神田税務署。税務申告と同時に、森友疑惑に関する文書改ざん問題について抗議、善処を促すことにしてあった。その行動に千代田春闘共闘を代表して私が参加した。

 実は私、いま左足の膝を傷めており、5分と立っていられない。申し入れに際して、その旨伝え、「座ってやりたいので会議室を準備して欲しい」と要望した。いつもは、玄関先で立ち話しで申し入れ書を渡し、文章を読み上げて渡すのだが、今回はこちら側の体調が悪いことと、森友文書改ざん問題があり、そこのところを詳しく聞きたかったのだ。

 ところが対応者は「空いている部屋はない。この場で(申し入れ書を)受け取りたい」の一点張り。「この税務署には会議室の一つもないのか」という質問に、「仮庁舎でありそういう場所はない」と答えた。

 この対応、だれが信じるだろうか。税務署に会議室の一つもないなど、あり得ないではないか。「下」でも平然とウソをつく体質は、文書改ざんをした「上」と同じだ。押し問答のすえ、「あそこで」と指さしたのは玄関ホールに据えられた長椅子。来客が待ち合わせをする場所だ。

 これが納税者としての〝お得意さん〟を遇する対応だろうか。信じられなかった。

 民間では考えられない。たとえば、みずほ銀行。ここは明治乳業の筆頭株主である。その立場から明治乳業の賃金差別事件について解決に尽力してほしい、と何回も要請してきた。銀行としては直接関係ない争議だが、その度に部屋を確保して対応する。これがフツーなのである。

 ところが、税務署はどうだ。上から目線でまるで「お前たちの話しを聞いてやるのだから」という態度丸見えである。長椅子で対応することに恥ずかしさはないのだろうか。私の膝の痛みは時間が経てば治る。これが、身障者が来訪してきたらどうするのか。あの人たちは同じ対応をするのだろうか。きっとそうだろうナと思った。

 驚いたのはこれだけではなかった。申し入れ書を読み上げたあと「森友文書改ざん問題で、納税者から声はないか」と聞いてみた。この質問に「申告を受けるのは違う場所なので聞いていない」と答えたのだ。何をかいわんや、である。いま、一番大事な問題について何も聞いていない、というのだ。その危機感のなさに呆れ果てて議論する気にもなれず、申し入れを打ち切った。

 文書改ざんを平気でやる上が上なら、納税者と直接対峙する「下」の対応もさもあらん、というところだ。税務行政の本来あるべき姿など、遠い、遠いところにあるようだ。改ざん疑惑、徹底して解明すべきだ。

 ★脈絡のないきょうの一行
森友文書改ざん問題、ここまでくれば安倍内閣総辞職でしょう。悪あがきはおやめなさい。

スポンサーサイト
未分類 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2018/02/01 [Thu] 11:06:31 » E d i t
 昨日は皆既月食だった。天気情報は、下り坂で諦めかけていた。が、帰途、東京ドームと地下鉄後楽園駅を結ぶ陸橋に差し掛かったら、空を見上げているひとたちがいた。なんだろうと、私もその仲間に加わってみると、ジェットコースターの上に輝く月を見かけた。

 慌ててカメラのシャッターを切った。以下、その写真だが写りはイマイチでも雰囲気を味わうことができる。ぜひ写真をクリックしてみてください。

【21:33 ジェットコースターの上の月。すでにショウは始まっていたが、遠いせいだろう丸く見える】
21時33分


【21:34 上弦の月風に変身】
21時34分

【21:43 かなり小さくなった】
21時43分

【21:48 息をのむ瞬間】
21時48分

【21:50 見えなくなる寸前】
21時50分

 広い、広い宇宙で、こういう変化を見ることができるのは有り難い。これも、平和だからこそ出来ることだ。

 ★脈絡のないきょうの一行
ウィスキーの「山崎50年」が3,250万円で落札。ウーン……だね。

未分類 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2018/01/15 [Mon] 10:59:14 » E d i t
 解雇闘争などの支援の必要性について私は「合理化の頂点に立つ人たち」だからだ、と強調してきた。この問題についてそんなに説明はいらないだろう。企業の論理によって解雇を受ける、それはすべての場合「合理化」の一環だからだ。

 1978年に沖電気で1,350人大量解雇が強行された。「企業として生き残るため」というのがその理由だった。電気労連(当時)に加盟していた労働組合は、形の上では反対したが受け入れた。解雇されたなかの70人近い人たちは、争議団を結成し職場復帰を求めて闘いを開始した。まだ総評が健在で、電気労連では取り組むことができなかったが、少なくない労働組合が支援に立ち上がった。

 闘争の中で、とんでもないことも明らかになった。会社は解雇した人たちの一部を密かに再雇用していたのである。これはひどい。解雇された人たちのなかには、労働組合活動に積極的な人、会社にモノいう人が多く含まれていた。こういう人たちを追い出すためにそのほかの人たちを〝道連れ〟にしたのではないかと考えたくなる事件だった。10年余の闘いを経て争議は解決したが、この闘いは典型的な「合理化」大量解雇だった。

 同様なのが現在も闘われている日本航空である。2010年、経営が危なくなったとして日本航空経営は退職勧奨をおこなった。その数は予定数に達したが、それを超えて165人もの人たちをなんと年末の12月31日に解雇したのである。

 紙数の関係で詳細は省くが、解雇事件は最高裁まで闘われたが組合側は敗訴した。しかし、管財人が「スト権を立てると国からの支援が受けられなくなる」という発言の不当労働行為について、東京都労働委員会がこれを認め、最高裁まで争われたが最高裁もこれを認めた。最高裁は、「不当労働行為があったことを認め、解雇は正当」というちぐはぐな判断をしたことになる。

 裁判は終わったが、解雇撤回闘争は8年目に入った。この間日本航空は、客室乗務員を新規に3000人雇ったという。パイロットも不足している。経営が判断さえすれば、この人たちを職場に戻すことはできるのだ。支援運動も広がっている。

 争議解決に必要なのは経営の判断だけだ。それを引き出す取り組みを〝反合化闘争の頂点〟と位置づけ、労働組合全体が展開できるのかどうか、試される時期にきたといえる。日本航空だけではなく、30年を超えた明治乳業の賃金差別闘争にも終止符を打つ取り組みが必要になっている。

 ★脈絡のないきょうの一行
「企業の利益の割に、(労働者の)給料が上がっていない。」(14日・朝日デジタル新聞)と麻生財務大臣。暗に連合批判。珍しく的を射ているかも。

未分類 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2018/01/03 [Wed] 18:17:10 » E d i t
 読売の社説は、1面の4割近くを割く長さとなっている。これには驚いた。さらに驚いたのは、あの読売が改憲問題に一行も触れていない点だ。改憲大好き新聞社が、元旦社説でそれに触れないという摩訶不思議さに違和感を抱いた。

 見出しのサブタイトル「眠っているカネは政策で動かせ」という部分は、最初は賛同したが、読み進むうちに国民が老後のために蓄えているものも吐き出せということであることに気づいた。ちょっと待ってくれ、である。チ、ガ、ウ、ダ、ロー、である。

 「家計が保有する現金は、1年間で5兆円増えて83兆円となった。預貯金と合わせると25兆円多い943兆円だ。金融資産全体で83兆円増の1845兆円に達する。」と述べたあと、「民間企業の金融資産を合計すれば3000兆円」と言ってのける。

 なぜ家計の預貯金が増えたのか、その問題を深めることはスルーしている。いまの政治に不安を持っているからに他ならないことは明らか。そこを無視して、「旧来の常識にとらわれず、眠っているカネを動かす大胆な政策を展開すべきだ」という。返す刀で「消費税は、2019年10月に10%とした後、さらなる引き上げが必至だ。」と畳みかける。家庭のフトコロに手を突っ込め、というのである。論外だ。

 平和問題については「北朝鮮による緊張が高まっている。広島型の10倍を超える威力の核実験を行い、大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した。」といつものように危機感をあおる。そのうえで「自衛隊と米軍の連携を深め、ミサイル防衛を着実に増強すべきだ。」と軍事大国化を提案している。これが新聞か、と言いたくなった。自民党の言い分そのものではないか。読売らしい。

 東京新聞はたまたまだろうが、毎日と同じように伊藤博文を引き合いにしている。民衆の力の大切さを説きながら「維新をじかに体験してきた伊藤は、民衆の知恵も力も知っていたにちがいないと思うのです。……維新後、各地にわき起こった自由民権運動とは、その名の通り人民主権を求めました。」としながら、当時の日本には民主主義を求める欲求は広がっていたと言う。

 そのうえで、憲法問題に触れて「〝押しつけ〟などという政治家もいますが、国民多数は大いに歓迎しました。」と強調。さらに(戦後)「世界視点で見れば、……人間の自由権・参政権・社会権。つまり国家優位より個人の尊重。長い時と多くの犠牲を経て人類はそこまで来たのです。」と人間中心の政治が進められてきたことを説いている。が、これに中東紛争やかつてのベトナム戦争をオーバーラップさせたとき、必ずしも頷くことはできない。

 一方で日本の民主主義について「格差という問題があります。……資本主義のひずみは議会のつくる法律で解決すべきだが、残念ながらそうなっていない。」と嘆いている。格差の現実を認識したところまではいいものの、その解決策を示していない。あえて言えば「社会はつねに不満を抱えるものです。その解決のために議会はある」と言い、格差社会の解決は議会でおこなうべきだと強調している。これではまだ、まだ不十分である。

 以上、社説の概略を見てきたが現在の重圧感、閉塞感についての具体的な解決策を示しているのは、残念ながら自民党の政策を焼き直したと思われる読売の社説だけだった。これはいったいどうしたことか。3日以降の紙面で展開されるのかもしれないが、不満鬱積の元旦社説群であった。

 ★脈絡のないきょうの一行
箱根マラソン、青山学院大学が4連覇。1回の優勝でもすごいのに、これは凄いぞ。
未分類 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2018/01/03 [Wed] 07:53:51 » E d i t
 久しぶりに元旦の社説を調べてみた。対象は、朝日、読売、毎日、東京の4紙だ。まず見出しから見てみよう。▼朝日=来たるべき民主主義――より長い時間軸の政治を▼読売=緊張を安定に導く対北戦略を――眠っているカネは政策で動かせ▼毎日=論始め2018 国民国家の揺らぎ――初めから同質の国はない▼東京=明治150年と民主主義――年のはじめに考える――となっている。

 各社とも見出しを読む限り〝つづきもの〟になりそうだが、ここでは敢えて1月1日付に絞り込みたい。以下、新聞ごとにみてみたい。

 朝日はより長い時間軸の必要性を提起しながら、 耳なれない「シルバー民主主義」という言葉がでてきた。日本では高齢者の有権者比率が高まっていることから、ここの影響力が高いことを考慮した政治が求められると強調している。

 そのうえで社説は「結果として、社会保障が高齢者優遇に傾けば、世代間の格差は広がる。長期的には財政を圧迫し、将来世代に禍根を残す。」と主張し、高齢者に気配りをすることは「目先の利益にかまける政治、時間軸の短い政治の弊害」と指摘する。ここでも「時間軸」という言葉が出てきた。社説は長い目で物事を考えろと言いたいのだろうが、私にはすっきりしない。

 確かに「先を見据える」ことに異論はないが見据え方として、高齢者と若い世代の格差を広げないために、高齢者は〝我慢をすべき〟だと行間で語っている。むしろいま大切なのは、高齢者も含めて安定した生活である。年金の切り下げは年々ひどくなり、病院にいけない年寄りが増えている。これでは先を見据えることはできない。

 次に「毎日」であるが、冒頭で北朝鮮とアメリカの摩擦を批判、明治維新から150年経た日本でも国際社会との衝突が続いていたことに触れながら「あるべき国家像とは。自らを省みて問いかけが必要な節目である。」と述べている。

 伊藤博文が明治憲法を起草したとき、欧州はキリスト教を国家の基軸にしたことを日本に置き換え、天皇をそれにすることを考えたことを紹介。そのうえで「現代の国家は、国家主権、民主主義、グローバル化のうち、どれか一つを犠牲にせざるを得ないと言われる。相互に矛盾が生じるためだ。国際政治のトリレンマという。」と強調している。

 毎日社説はそういう問題を提起しながら、民主主義の重要性を説いている。「人間の考えは一様ではない。階層や生い立ち、地域、年代、性差によって意見は異なる。そして違いがあるからこそ、民主主義が必要とされる。互いに異論を認め合い、最終的には全体の結論を受け入れていくプロセスに値打ちがある。」と。これは同感である。

 確かに国民は同質ではない。それを同質化させようというのが安倍改憲の本質であり、9条改憲はその典型である。看過してはならない。

 ★脈絡のないきょうの一行
毎年参拝する神社に初詣でに行った。通って40年近くなるが、おみくじで初めて「大吉」を引き当てた。今年はいいことありそうな予感。
未分類 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。